胸が垂れる原因は乳腺にあるって本当?
バストの悩みQ&A

胸が垂れる原因は乳腺にあるって本当?

乳腺の衰えで胸が垂れる可能性があります

乳腺の衰えで胸が垂れる可能性があります
乳房内にある「乳腺」は成熟した大人の身体が形成される20代後半頃から、徐々に衰退し始めると言われています。その後、女性ホルモンの分泌量の低下や加齢による脂肪の蓄積により、胸は垂れるなどして形が崩れやすくなるのです。

ただ、乳腺の衰退は加齢によるものばかりではありません。「生活習慣の乱れ」「ストレス」「姿勢」など、さまざまな要因により女性ホルモンのバランスが崩れることでも乳腺は衰える可能性が高くなると言います。

ハリ感のある胸を維持し、育む上で乳腺の状態は重要と言えるのです。

乳腺の衰退がバストの下垂を招きます

乳腺の衰退がバストの下垂を招きます
一般的に、ハリ感のあるバストラインには乳腺の発達が大きく関係していると言われています。通常、女性ホルモンの一種である「エストロゲン」の分泌が盛んになることで乳腺が発達したり、皮下脂肪が蓄えられたりしてハリ感のバストラインが形成されます。

乳腺が発達している20代前半くらいまで胸には弾力性があるため、ハリ感のある美しいバストラインが保てるのです。その後、成熟した大人の身体が完成すると、乳腺の発達も徐々に衰えていきます。

加齢と共に皮下脂肪の割合が増えると、胸がたわみやすくなり、クーパー靭帯に負担がかかり、胸が垂れるなどの変化が起こりやすくなるのです。

ただ、乳腺の衰退の原因は加齢によるものだけではありません。実は、普段の「生活習慣」「ストレス」「何気ない癖」などが影響している恐れがあります。

例えば「ストレス」は女性ホルモンの分泌の低下を招き、乳腺を衰退させる可能性があります。というのも、自律神経とホルモンのコントロールが同じ「視床下部」で行われているからです。特に、日常的なストレスは視床下部に負担をかけるため、視床下部の働きに混乱が生じ、女性ホルモンの分泌を妨げる恐れが大きくなります。つまり、女性ホルモンの乱れが乳腺の衰退を招き、結果として、バストラインの崩れへとつながるのです。

このように、乳腺は加齢や日常生活により衰退しやすい性質を持つため、ハリ感のあるバストラインを形成するには、日頃から乳腺の発達を促すケアを心がける必要があると言えます。

バストマッサージで乳腺の発達を促しましょう

バストマッサージで乳腺の発達を促しましょう
普段から、乳腺の発達を促してハリ感のある胸を育みましょう。手軽にできるものとして「ツボ押し」がおすすめです。

胸の周辺には下記の効果が期待できる「だん中」「天溪(てんけい)」「乳根(にゅうこん)」などのツボがあります。

  • 乳腺の発達
  • 女性ホルモンの活性
  • ストレスの緩和
  • リンパの流れを促す

ツボを刺激すると、加齢や生活習慣などにより衰えやすい乳腺が活性化され、ハリ感のある胸が育まれやすくなるのです。

また「バストマッサージ」も乳腺の発達を促す上で大きな効果を発揮すると言われています。なぜなら、さまざまな方向から乳腺にアプローチをかけるマッサージを施すことで、効果的に乳腺の発達を促せる見込みがあるからです。

バストマッサージは継続して行うことで、年齢を重ねてもハリ感のある胸を維持できる可能性が高くなると言われています。ただ、マッサージはやり方次第で逆効果になる恐れがあります。

マッサージは、専門的な知識や技術を身に付けたプロによる施術を受けるなどして、効果的かつ安全に行うことが大切です。

生活習慣を見直すことも大切です

生活習慣を見直すことも大切です
胸が下垂する原因になりえる生活習慣を意識して正すことで、ハリ感のある胸を育みましょう。

  • 姿勢を正す
  • バランスの取れた食事を摂る
  • 質の高い睡眠を心がける
  • 適切なブラジャーを身に付ける など

普段の生活習慣を見直すことによって胸が下垂するのを予防できる可能性があります。というのも、ハリ感のある胸は普段の生活習慣によって維持され、なおかつ、形成されているからです。

また、女性ホルモンの分泌を促すには「食事」をバランス良く摂取することも大切です。下記の栄養素は女性ホルモンの働きを補ったり、分泌を促したりする効果が期待できるため、意識して摂取することをおすすめします。

  • 大豆イソフラボン
  • ビタミンE
  • ビタミンB6 など

生活習慣の改善は、女性の心身にも良い効果が期待できるでしょう。そして、その影響で胸にも良い効果が期待できます。

できることからで構いません。生活習慣を見直しながらハリ感のある胸を育んでいきましょう!

まとめ

1.乳腺の衰えで胸が垂れる可能性があります

胸が垂れる原因になりえる乳腺の衰退は、加齢や普段の生活習慣、ストレス、姿勢などによるところが大きいことが考えられます。

そのため、ハリ感のある胸を維持したり、育んだりする場合、乳腺の状態にも目を向ける必要があると言えるでしょう。

2.乳腺の衰退がバストの下垂を招きます

乳腺の状態がバストラインに影響するのには、乳腺が衰退することで皮下脂肪の割合が増えて胸がたわみやすくなるからだと言われています。

なお、乳腺が衰退する要因には加齢や生活習慣、ストレスなどさまざまなことが関係していることが考えられています。

3.バストマッサージで乳腺の発達を促しましょう

バストマッサージはやり方次第で、さまざまな角度から乳腺にアプローチをかけられる見込みがあるため、効果的にハリ感のある胸を育める可能性があります。

なお、マッサージは継続して行うことで、ハリ感のある美しい胸が維持しやすくなると言われています。

4.生活習慣を見直すことも大切です

ハリ感のあるバストラインは、バランスの取れた食事、正しい姿勢など、普段の生活習慣によって形成されていると言えます。

ハリ感のある胸を維持するには胸が下垂する要因になりえる生活習慣を見直すことが大切です。

バスト専門サロン発のナイトブラでグンっと魅力UP

この記事の執筆者

佐藤 由加里
佐藤 由加里
バストアップ専門エステサロン「p-Grandi」チーフエステティシャン。マッサージ、医療脱毛・医療痩身・フェイシャル、総合痩身エステの施術などを習得したバストアップ専門家。プロフィール