バストアップのQ&A

筋トレをするとバストサイズが変わるのは本当?

筋トレでバストサイズを変えることができますので積極的に鍛えてみましょう

ダイエットに筋トレを取り入れる方は多いと思いますが、バストアップのために筋トレをしたことがありますか?

筋トレをすることでバストサイズを変えることができます。バストの土台となる筋肉は大胸筋で、バストを支える重要な筋肉です。

ここを鍛えることでバストが引き上げられて、バストサイズが変わってくるのです。今すぐ行って、明日に結果が出るものではないので、続けていくことが鍵。

毎日の習慣にしてバストアップを目指していきましょう。

筋トレでバストサイズを変える方法

バストアップをしたいのであれば、筋トレがおすすめです。バストは脂肪9割、乳腺1割で構成されています。

土台となる筋肉がバストの脂肪の下にあり、支えているので大胸筋を鍛えることでバストアップになるのです。大胸筋が鍛えられることでバストサイズが変わり、姿勢もよくなりスタイルアップにつながります。

そして、筋トレは大胸筋以外も鍛えることができるのでダイエット効果もあります。適度な運動を続けることで、健康的な生活を送ることができます。

ジムに通うのでも、自宅で行う筋トレでも、バストサイズを変えることができるのです。また、土台である大胸筋を鍛えると、バストの下垂を防止できます。

続けやすい筋トレを行い、理想のバストサイズを手に入れましょう。

バストの土台を鍛える

バストの土台を鍛える
バストの土台とも呼ばれる大胸筋は、私たちのバストの下にあります。筋トレでバストアップができるといわれている筋肉が、この大胸筋です。

大胸筋を鍛えるメリット

胸の下垂防止と、デコルテに筋肉で膨らみをもたせることです。当然、鍛えることで胸囲そのものが大きくなりますので、バストサイズも変わります。姿勢もよくなりますので、バストそのものが上向きになるメリットも。

そして大胸筋の下には小胸筋があり、こちらはバストを引き上げる役割を担っていますのでぜひ鍛えたい筋肉です。インナーマッスルですので、普段はあまり気に留めない筋肉でもあります。

デスクワークやスマートフォンの操作などで姿勢が悪くなると凝って硬くなりやすいので、注意してください。硬くなってしまっているとバストを引き上げられなくなりますので、大胸筋と一緒に鍛えられる筋トレを取り入れましょう。

姿勢がよくなる

姿勢がよくなる
姿勢が悪い、いわゆる猫背の方は肩が内側に入ってしまっています。常に前かがみになっているため背中の筋肉も硬く縮み、代謝も悪くなるのです。

肩こりや頭痛を発症することもあります。体に悪い影響を与えますので、姿勢はバストアップのためだけではなく、健康のためにもよいほうがいいですね。

筋トレをする際、腹筋を鍛えたり、上腕二頭筋を鍛えたりと様々な部位を鍛えますね。その時、背中の筋肉である広背筋を鍛えるとよいでしょう。

広背筋を鍛えるメリット

姿勢がよくなり、猫背が直り姿勢がよくなります。バストアップのためにも猫背はよくありません。血行不良になりやすく、バストサイズを小さくしてしまう原因になります。前かがみになった姿勢を正すとバストップも上がり、スタイルアップにもなりますので背中を鍛えて美しい姿勢になりましょう。

ウエストの対比でスタイルアップ

ウエストの対比でスタイルアップ
バストアップのためには大胸筋を鍛えるとよいのですが、それだけ鍛えていてもスタイルのバランスが悪くなります。筋トレをするのであれば、腹筋や広背筋など他の部位も一緒に鍛えると効果的です。

腹筋はバストを直接大きくするわけではありませんが、正しい姿勢でいるためにはとても重要な筋肉です。内臓をしっかり抱え込んでいる腹筋は、鍛えることで内臓を正しい位置にキープできます。

その結果、姿勢がよくなるのです。また、ウエストが細くなり、バストとのサイズ差でスタイルよく見えますので、バストアップには腹筋を鍛えることをおすすめします。

そして腹筋の次に鍛えるべき筋肉は、広背筋です。広背筋は背中の筋肉ですので、姿勢をよくしてバストアップにつながります。

猫背になっていると大胸筋も衰えてきてしまいますので、姿勢を正すためにも広背筋を鍛えましょう。

バストトップが上がる

筋肉量は、加齢とともに減少していき、筋力も落ちてきます。何もしないでいると1年で1%減るといわれていますので、積極的に筋トレやエクササイズをしたいですね。

特に大切なのはバストの土台である大胸筋で、鍛えることでバストアップします。引き上げの役割を担っている小胸筋もバストアップには必要ですので、鍛えるべき筋肉です。

これらのバストを支えている筋肉が衰えるとだんだん垂れてきてしまい、気が付くとバストサイズが変わり、小さいバストになってしまいます。バストトップの位置が下がらないようにするためには、バスト自体が垂れてこないように大胸筋と小胸筋を鍛えることが有効手段になるのです。

毎日、毎週の習慣として筋トレを取り入れて筋肉を鍛えることがバストアップにつながりますので、頑張ってみましょう。

バストが小さい原因とは

バストが小さい原因とは
バストが小さい原因は様々ありますが、主にいわれているのが以下になります。

  • 遺伝
  • 姿勢が悪い
  • 過剰なダイエットをしている
  • 下着を着けない
  • 喫煙をしている

これらが原因の全てではありませんが、バストが小さいと悩んでいる方はまずこれらを見ながら、生活習慣を見直すといいでしょう。特に、

  • 姿勢が悪い
  • 喫煙
  • ダイエット

は、生活習慣の見直しで改善ができます。

遺伝は必ずしも全ての方が当てはまるとは限りません。下着を着けないということはバストにとって、とてもよくない習慣です。

これら5つはバストアップを妨げ、バストを小さくする結果を導いてしまうので当てはまるものがあれば改善していきましょう。

すぐできることもありますので、少しずつ行ってみてください。

1.遺伝

まずは誤解を解きましょう。

  • 母親や親戚もバストが小さくて、自分のバストも小さい
  • バストが小さいのは遺伝だからしょうがない

そう思っている方は多いのではないでしょうか?

「大きいバストにならないのは遺伝だ!」とよく耳にしますが、必ずしもそうではありません。実は遺伝的要素は約30%といわれており、残り70%は思春期~成長期に分泌される女性ホルモンの量です。

この大切な時期にきちんと乳腺が発達することでバストの大きさが決まります。といって、成長期が過ぎたらバストが大きくならない、ということではありません。

バストケアをすることで、バストアップが可能です。女性ホルモンがきちんと分泌されることで乳腺が発達しますので、生活習慣を整えることが重要になります。

  • ストレスを溜めこまない
  • 質のよい睡眠を取る

など、できることから始めてみましょう。

2.姿勢が悪い

2.姿勢が悪い
バストが小さいと悩む人は、もしかしたら姿勢が悪いかもしれません。現代女性はデスクワークの時間が長く、同じ姿勢でパソコンを見続けていることが多いかと思います。

また、スマートフォンの操作をずっと続けている方も長い時間、同じ姿勢でいることは背中が丸まり、肩が前に入ってきてしまう要因です。肩が前に入った前かがみの姿勢は血行不良になり、肩こりにもなります。

血行不良により栄養素がバストに届きにくくなるので、姿勢がバストアップを妨げている面もあります。大胸筋も衰えてくるのでバストは垂れて、やがてバストサイズが小さくなるのです。

デスクワークの合間やちょっと疲れた時などに、猫背を解消できるストレッチやエクササイズを取り入れてみましょう。背筋を伸ばすだけでも効果がありますので、姿勢を正すことを意識してみてください。

3.過剰なダイエット

ダイエットをするとバストから痩せてしまったことはありませんか。バストは9割が脂肪でできていますので、ダイエットするとバストが減ってしまうのです。

特に短期間でダイエットをしようとして食事制限や激しい運動などを取り入れる方が多いと思います。これらのダイエットは確かに痩せますがバストを減らし、健康にも影響を与えてしまいますね。

リバウンドもしやすく、その期間、栄養不足にもなります。健康体に戻るのに時間もかかりますので、過剰なダイエットはNGです。

三食きちんと摂り、適度な運動で徐々にが理想的ですね。食事制限で、食べなさすぎや、1つのものだけを過剰摂取するようなダイエットは、バストに栄養を届けにくくしてしまうので、よりバストサイズが小さくなります。

無理なダイエットをせず、健康的に痩せられるように計画してみましょう。

4.下着をつけない

4.下着をつけない
バストが小さいから下着はいらない、と思っている方が多いですが、下着を着けないとどうなるでしょうか?

たとえどんなに小さくても、そこに膨らみがあれば、垂れてきます。支えるものがありませんので、重力には逆らえませんね。

そして垂れるだけではなく、脇や背中にバストの肉が移動してしまい、どんどんバストサイズは小さくなるのです。ノンワイヤーのブラジャーやカップ付きキャミソールも、バストを支えるには力不足です。

サポート力が弱いので、バストを垂れさせてしまいます。きつくて苦手と思う方も多いと思いますが、キレイなバストをキープするには、やはりワイヤー入りのサポート力がある下着が必要なのです。

サイズが合っていない下着はバストにもよくありませんので、気になる方は下着専門店などでプロにサイズを測ってもらうことをおすすめします。

5.喫煙している

喫煙は、健康の妨げになるだけではなく、バストを小さくしてしまう原因にもなります。
喫煙していると、

  • 女性ホルモンの分泌量の減少
  • ビタミンC不足
  • エラスチンの破壊

などを引き起こしてしまうので、肌にもよくない影響が出てくるのはご存じでしょうか?

他にも、タバコには発がん物質が含まれていて

  • 乳がんのリスク
  • 心臓病を引き起こすリスク

タバコには血管収縮作用があるニコチンが含まれていますので、吸い続けていると血流が悪くなり、ホルモンバランスが乱れて、生きるのに必要な各種ホルモンの分泌も減少してしまいます。

バストに栄養素も届きにくくなるので、バストサイズも小さくなってくるのです。ビタミンCも不足し、肌のハリも失われてしまいますので、バストを若々しくキープすることもできにくくなりますね。

「百害あって一利なし」といわれているタバコですので、今もし喫煙されているのであれば禁煙をおすすめします。

バストアップができる筋トレ方法

バストアップに効果的な筋トレを取り入れて、バストサイズを大きくしていきましょう。鍛えるべき筋肉は大胸筋と小胸筋、そして背中の筋肉である広背筋です。

筋トレと聞くと、厳しいトレーニングのイメージがありますが、自宅で行えるセルフ筋トレでも効果が期待できます。もちろん、ジムに通って筋トレをするのもOKです。

ジムのトレーナーにメニューを考えてもらって行う筋トレも効果的ですので、自分に合った方法で筋トレをしてみてください。セルフで行うならば、簡単にできる腕立て伏せやダンベルなどの器具を使用した筋トレがおすすめです。

急に今始めても慣れずに、最初はできないことが多いですが少しずつ行い、続けられるようにしましょう。

大胸筋と小胸筋を鍛える

まず初めに鍛えるべき筋肉は、大胸筋と小胸筋です。

大胸筋

大胸筋
バストの土台となる筋肉ですので、鍛えることでバストの垂れを防止できます。バストサイズも変わってきますので、ぜひ鍛えたいですね。

そして小胸筋は大胸筋の下にありバストを引き上げる筋肉ですので、一緒に鍛えていきましょう。

すぐできる大胸筋の鍛え方は合掌ポーズです。バストの前で手を合わせ、大胸筋を意識して押しましょう。

小胸筋

椅子を使用した筋トレがおすすめです。
椅子を使用した筋トレがおすすめです。

  1. 椅子に腕を後ろ手にして置きます。
  2. お尻を浮かして空気椅子のように膝を90度に曲げましょう。
  3. その状態から肘を曲げてお尻を下げます。限界まで下げて、ゆっくり上げてください。

二の腕にも効果が期待できますので、引きしめられますよ。速くする必要はありませんので、ゆっくりと何回か連続で行ってみてください。

腕立て伏せ

大胸筋をより鍛えるのであれば、腕立て伏せが効果的です。しかし、急に行っても体が上がらなかったり、回数がこなせなかったりと上手くできないかもしれません。

そんな時は膝を付いた腕立て伏せがおすすめです。

  1. 肩幅ほどに手を広げて、床に着けます。
  2. 腕を真っすぐ伸ばして膝を付け、脛は下に着かないように上げましょう。
  3. そのまま息を吐きながら腕を曲げていきます。ゆっくりと行い、またゆっくりと息を吸いながら元の位置に戻してください。
  4. 15回を3セットほど行います。

体が曲がらないように一直線になるように行いましょう。下に曲げる時、大胸筋に負荷がかかるように意識して行うといいですよ。

始めて行う時は15回ではなく10回を3セットで、できそうな回数でチャレンジしてみましょう!慣れてきたら回数を増やして、続けられるようにしてください。

ダンベル

ダンベル
ダンベルのような器具を使用した筋トレもあります。主に小胸筋が鍛えられますので、積極的に行ってみましょう。

小胸筋は吊り上げる筋肉ですので、バストの垂れを防止して、脇にバストの肉が流れることも防止できます。バストアップにはこの小胸筋を鍛えることが大切です。

使用するダンベルの重さは1Kgぐらいで効果があります。最初は軽めのものを使用して、慣れてきたら重さを変えて筋トレするといいですよ。

  1. 仰向けに寝て、自分にちょうどよいダンベルをもってください。
  2. 少し膝を立てて、ゆっくりと息を吸いながらダンベルを持ち上げます。またゆっくりと、今度は息を吐きながら下ろしてください。
  3. これを15~20回ほど繰り返します。

もしダンベルがないようであれば、1Lのペットボトルに水を入れたものでも代用ができますので、試してみてください。

肩甲骨を鍛える

肩甲骨と広背筋のストレッチをして背中の筋肉を鍛えましょう。背中を鍛えると姿勢がよくなり、バストを引き上げる効果が期待できます。

積極的に行い、バストアップに導きましょう。まず、肩甲骨を緩める運動です。

  1. 仰向けに寝て、お尻の下に手を置きます。
  2. 背中の下に両腕を肘までしっかり入れて、腕の力で上半身を持ち上げてください。バストを上方に上げて、30秒ほどキープしたらゆっくりと戻します。
  3. 3回繰り返したらOKです。

広背筋ストレッチは座って行います。

  1. 開脚して座り、片方の足を曲げてください。
  2. 曲げた足と同じ方向の手を上方に上げます。そのまま伸ばしている足の方に向かって倒し、上に引っ張られているようなイメージで、痛いと感じるところまで伸ばしてください。
  3. そのまま30秒ほどキープし、反対側も同様に行います。
  4. 3セット繰り返すと効果が期待できますので、続けてみましょう。

筋トレする時の注意点

筋トレする時の注意点
筋トレでバストアップを頑張る時に注意したいポイントがあります。

  • がむしゃらに鍛えすぎない
  • ストレスになるほどやらない
  • 食事に気を付ける

毎日、何時間も行ったり、やらなきゃという思いでストレスになったりすることはバストアップを妨げます。特にストレスはバストアップの敵です。

溜めこまないようにして、余裕をもって筋トレに励んでください。何時間も筋トレを行うのもNGです。

疲れすぎて、筋トレ自体が嫌になってしまうと、それもストレスにつながります。適度な回数で、できる範囲で行えるように調節してみましょう。

また、筋肉によい栄養素を摂り入れるのも筋トレを助けます。体によい食事を心がけ、バストアップしていきましょう。

鍛えすぎない

バストアップするからといって、がむしゃらに鍛えるのはNGです。毎日、何時間も筋トレを行ってしまうと逆にバストが小さくなってしまうことがあります。

脂肪9割でできているバストは筋トレをすることで、土台である大胸筋が鍛えられるのですが、バストそのものがボリュームアップするわけではありません。過度な筋トレは、脂肪を燃やします。

バストの脂肪も燃やしてしまうので脂肪が減り、小さくなってきてしまうのです。これではバストアップの意味がありませんね。

筋トレは休憩をしながら行うのが重要です。3日に一度ぐらいのペースで行い、筋トレをした翌日は休むなど、間隔を空けて行うことをおすすめします。

連続で筋トレを続けていると、筋肉ムキムキになり理想のスタイルから遠ざかってしまいますので、自分に合ったペースで続けてみましょう。

ストレスにならないようにする

ストレスにならないようにする
仕事を終えて、疲れて帰ってからの筋トレを「やらなければ」と思うとストレスになります。

「昨日やっていないから今日はやらなければならない」
「少ない回数で行ったからその分多くやらなければならない。」
このようになってきてしまうと、バストアップの目的が筋トレすることに代わってしまいます。

だんだんやりたくなくなって辛くなってしまうようでは、逆効果になります。バストアップにストレスは大敵ですから、ストレスになるほど思い詰めないようにしましょう。

できない時は止めて、時間や体調に余裕がある時に行ったり休みの日だけ行うだけでも効果が期待できます。また、上手く調整ができないようであれば、ジムに通うことをおすすめします。

決まった曜日や時間にジムで自分に合ったメニューの筋トレを行う方法です。気分も変わり、適度な運動でストレス解消にもなりますので試してみてください。

筋肉によい食事を摂る

筋肉によい食べ物といえば、タンパク質が有名ですね。バストアップによい筋トレを行い、筋肉量を増やせる食事をすると、より効果が期待できますよ。

食事制限などをしてしまうと、筋肉量が減り、バストにも栄養素が届けられにくくなります。タンパク質だけを摂っていればよいわけではありません。

バランスのよい食事を心がけることが大切です。

  • 炭水化物
  • 脂質
  • ビタミン
  • ミネラル

と、バランスよく食べられるように食事を工夫してみてください。

タンパク質は肉類、魚類、大豆製品、乳製品に多く含まれます。普段の食事に一品付けるだけでもいいので、ヨーグルトやチーズをおやつに食べるなどするといいですよ。

食べ過ぎは厳禁ですので、毎食一品増やしてお腹がいっぱいになりすぎることがないように調節してみましょう。

生活習慣を正すとバストアップできる

生活習慣を正すとバストアップできる

  • 不規則な食事
  • 睡眠不足
  • 喫煙
  • ストレス過多

など、現代女性は忙しく過ごしているので規則正しい生活をするのは難しいですね。

筋トレをしたくても時間がない、入浴はシャワーで済ませて、食事もコンビニエンスストアのお弁当を夜遅くに食べる。これではバストアップだけではなく、健康にも影響が出てきます。

栄養がバストにきちんと届くように、筋トレなどの運動が効率よくできるよう生活習慣を見直してみてください。特に喫煙の習慣があるのであれば、禁煙をおすすめします。

健康にも影響がありますし、肌や髪などにもよくありません。乳がんリスクも高まり、バストを小さくしてしまうこともあります。

今すぐ、全てを整えることはできませんので、できることから始めてみましょう。三食きちんと摂り、早寝早起きをするだけでも変わってきますよ。

質のよい睡眠を取る

質のよい睡眠を取る
バストアップと睡眠は一見関係ないように思えますが、とても密接な関係があります。いつも寝ている時間は深夜でしょうか?

睡眠時間も極端に少ない、なんてことはありませんか?

寝る時間は急に変えることは難しいと思いますが、バストアップのために質のよい睡眠を心がける必要があるのです。ゴールデンタイムと呼ばれる夜10時~深夜2時の間に寝ることがバストアップに導けます。

このゴールデンタイムに成長ホルモンと女性ホルモンの分泌が活発になるといわれているのです。なんといってもバストアップには女性ホルモンが大切ですね。

また、寝る前にスマートフォンの操作をしていて眠れなくなったという方も多いと思います。スマートフォンなどから出ているブルーライトは睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンを抑制するといわれていますので、寝る前は見るのを止めましょう。

食生活を改める

食生活を改める
普段の食事に気を付けていることはありますか?

三食きちんと摂る、野菜を食べるなど心がけている方は多いと思います。しかし、決まった時間に食事をして、バランスよく何でも食べるというのは難しいものです。

朝食を抜く、夕飯はお酒が多いなど食生活が乱れている方もいらっしゃると思います。急に全てを変えることは難しいと思いますのでなるべく三食摂り、そこにバストアップによい栄養素をプラスしてみましょう。

バストアップによい栄養素といえば有名なのは大豆イソフラボンです。豆腐や納豆など豆類に多く含まれています。朝食に納豆を食べたり、サラダに豆腐を加えたりと食べやすい食品です。

そしてキャベツに含まれるボロンという栄養素がバストアップに効果があるといわれています。こちらは生で摂取することで効果が期待できますので、豆腐と組み合わせて食べてみてください。

まとめ

1.バストの土台を鍛えることでバストサイズが変わる
2.筋トレをすることで姿勢がよくなり、ウエストとの対比が出るのでスタイルアップする
3.生活習慣を改めて喫煙や過剰なダイエットなどを止めるとバストアップしやすくなる
4.むやみやたらに筋トレをして鍛えすぎるとバストが小さくなることがある
5.ストレスにならないように適度な運動を心がけ、睡眠をよく取ることが大切

生活習慣を改め、筋トレを上手に取り入れてバストアップできるように行ってみましょう。鍛えすぎるとバストが小さくなることがありますので自分に合った方法で筋トレを続けてください。

バスト専門サロン発のナイトブラでグンっと魅力UP

この記事の執筆者

佐藤 由加里
佐藤 由加里
バストアップ専門エステサロン「p-Grandi」チーフエステティシャン。マッサージ、医療脱毛・医療痩身・フェイシャル、総合痩身エステの施術などを習得したバストアップ専門家。プロフィール