適量の炭水化物と食べる順番の考慮でバストアップできます

適量の炭水化物と食べる順番の考慮でバストアップできます
ご飯などの量を減らす炭水化物ダイエットが注目されています。簡単に体重を減らすことができると評判のようですが、その一方でデメリットも起こっています。

炭水化物に含まれる成分は、糖質と食物繊維です。ある程度の量の糖質は健康を保つために必要です。

もちろん健康的なバストアップにとっても、炭水化物は大切な栄養です。炭水化物は、主食のご飯やパンなど頻繁に食べるものに入っているので、つい食べ過ぎやすくなります。

糖質を食べ過ぎる生活を続けると糖尿病になるリスクが増える、という可能性を考えなくてはいけません。しかし炭水化物を必要量より減らすと、糖質不足により体調に変化が起こります。

また炭水化物に含まれる食物繊維は、健康とダイエットの味方です。食物繊維が入った食べ物、たとえば野菜を食事の最初に食べると、糖質の吸収を抑えられます。

つまり食物繊維を積極的に食べることや、食べる順番を変えることで、炭水化物を食べながらもダイエットとバストアップができるのです。糖質と食物繊維それぞれの特徴を考慮して、上手く食事の中に取り込んでいきましょう。

糖質の摂り過ぎや糖質断ちは健康に悪影響を及ぼす

炭水化物には糖質と食物繊維が含まれています。糖質は体のエネルギーの元になります。

筋肉を動かすにも、考え事をするにも、ただ眠っているだけの時でも糖質を消費しています。砂糖の他に、ご飯・パン・さつまいも・ビール・ワイン・日本酒にも、糖質は多く含まれています。

主食ばかりの食事や頻繁なスイーツ、お酒の飲み過ぎなど、気をつけないと簡単に糖質の食べ過ぎ・飲み過ぎをしやすいです。糖質を摂り過ぎると、血糖値が急騰します。

するとそれを抑えるためにインシュリンというホルモンが出すぎ、今度は血糖値が急降下します。

血糖値の乱高下は食欲を増やすことになるので、また食べてしまい血糖値が上がるという悪循環が起きやすくなってしまいます。摂り過ぎた糖質は脂肪になって体に溜まるので、いわゆる肥満になります。

肥満になり、そして糖質を摂り過ぎる食生活が続くと、生活習慣病のリスクが上がるのです。この状態が何年も続くと血糖値のコントロールができなくなり、いわゆる糖尿病に陥ります。

だからといって糖質を全く摂らない極端なダイエットをすると糖質不足に陥り、ふらつきやぼうっとするなど生活に支障がでるかもしれません。

それは、脳は一日中ブドウ糖を消費しているからです。ブドウ糖は体内に溜めておける量が少ないので、糖質不足になると、血液からエネルギー源として脳に行くブドウ糖がなくなり、その結果脳の働きが低下します。

すると思考停止や脳からの命令を受ける体の器官の働きが弱くなるのです。

ダイエットの味方、食物繊維をもっと食べましょう

ダイエットの味方、食物繊維をもっと食べましょう
食物繊維には水溶性と不溶性のものがあります。水溶性食物繊維は、海藻やこんにゃくなどに含まれ、多くは水に溶けて柔らかくなります。

不溶性食物繊維は、筋の多い野菜などに含まれ、水によって膨らみます。多くの食物繊維が含まれているのは、ごぼう・大豆・きのこ・こんにゃくなどです。

これらはビタミンやミネラルも豊富なうえに、低カロリーなので、ダイエット向きなのです。

食物繊維は食べても消化吸収されずに体外に出ていきます。よい便を出してお腹をスッキリ快適にするのは、食物繊維が便の量を増やしてくれるおかげです。

その上、食物繊維は、腸内細菌のエサになって、腸内細菌の数や種類を増やすことで健康に役立ちます。

また食物繊維は消化の速度をゆっくりとさせ、コレステロールや糖の吸収を抑えます。すると腹持ちが良くなり、食べ過ぎなくなります。

ですので食物繊維はダイエットの味方です。この食物繊維の特徴を知っておくと、バストアップと健康的なボディの維持に役立ちます。

つまり食物繊維を積極的に摂ることで、カロリーや糖質の摂り過ぎによる肥満を防ぎ、かつ極端なダイエットによる栄養不足にならない、健康的な食生活が可能になるのです。

炭水化物ダイエットをすると、通常、食物繊維の摂取量も減ってしまいます。糖質の摂り過ぎを止めたいなら、炭水化物断ちでなく糖質を制限し、食物繊維は食べる量を増やしましょう。

きのこや野菜、豆類といった食物繊維が多く含まれたメニューを増やす食生活を目指しましょう。

極端な炭水化物ダイエットはバストアップと健康に逆効果

もしも、ダイエットのために極端な炭水化物断ちをするとどうなるでしょうか。バストの中は、乳腺と脂肪、そして大胸筋とクーパー靭帯などで構成されています。

まず乳腺は2種類の女性ホルモンの働きによって発達し、バストを大きくします。それらエストロゲンとプロゲステロンのホルモンバランスを整えるには、規則正しい生活とともに豊かな食生活が大事です。

ダイエットのために炭水化物を極端に減らすとホルモンバランスが崩れてしまいます。脂肪はバストの柔らかさをつくります。

しかし炭水化物が体に入らなくなると、脂肪がエネルギー源として使われます。その結果としてバストの脂肪も他の部分の脂肪と一緒に減ってしまい、バストアップの逆の現象が起きてしまうのです。

次に大胸筋はもっとも体側でバストを支える筋肉です。筋肉は主にタンパク質ですが、それを動かすエネルギー源は、炭水化物なのです。

クーパー靭帯の成分としてはコラーゲンが主なもので、バストの中で乳腺や脂肪を繋げ、バストをふっくらと形良く保つ役割をしています。コラーゲンはタンパク質の一種です。

炭水化物が体に取り入れられなくなると、生きるために体のタンパク質を分解してしまいます。

するとコラーゲンまで減ってしまうことになります。炭水化物はバストアップに直接的には関係しません。しかし炭水化物が不足すれば間接的にバストアップを妨げることがわかります。

食物繊維ファーストで健康なダイエットとバストアップを両立

食物繊維ファーストで健康なダイエットとバストアップを両立
食事する時、早く空腹を満たそうとして、最初にご飯をたくさん食べると血糖値が急騰します。これは米が糖質を多く含んでいるからです。

空腹時に、糖質を一気に食べると、血糖値が急に上がります。すると上がり過ぎた血糖値を下げようとインシュリンが過剰に分泌されてしまいます。

血糖値が急に上下することは健康に悪影響を及ぼし、ダイエットにも良くありません。食事の時は、最初に食物繊維が入ったおかずを食べましょう。

たとえば野菜たっぷりの味噌汁やこんにゃくの煮物などを先に口にしてから、次にご飯を食べましょう。すると血糖値の上がり方が緩やかになります。

これは先に食べた野菜の食物繊維が、後に食べたご飯の糖質をゆっくりと吸収させるからです。実は、食物繊維が入ったおかずを先に食べると、ダイエットにもう一つよいことがあります。

食物繊維を食べるには、しっかり噛まなくてはいけません。この、最初にしっかり噛んで食べることで満腹だと感じやすくなるのです。

満腹感が早くでてくると食べ過ぎが防げるので健康なダイエットになります。

その上、野菜をしっかり食べるとビタミンやミネラル、タンパク質といった栄養が摂れるので、バストアップとも両立できるのです。これは、糖質が多いパンやパスタを食べる時も同じです。

パンを食べる前に、野菜スープや野菜サラダを食べておくと、食物繊維をしっかり噛むことになるので空腹感が落ちつき、かつ血糖値の乱高下に悩まされることもありません。

食生活の充実と規則正しい生活習慣で健康的にバストアップ

スリムなボディやバストアップのために、炭水化物ダイエットなどで特定の食べ物を止めたり、バストによいというサプリなどをたくさん摂取したりという方法はとても人気があります。その理由はいくつかあります。

セレブが行っているから、とか、口コミがたくさんあるから、また時間がかからずにすぐに効果がでるからというものもあるでしょう。そしてお金がかからずに簡単にできそうだという理由もあるようです。

炭水化物ダイエットは、ご飯やパンなどの炭水化物を全く食べない、または極端に減らすだけなので、わかりやすく簡単そうにみえます。

しかし人間の体は複雑で、ある一つの栄養を止めると、体に様々な弊害がでてしまいます。そして目的のバストアップどころでなくなってしまう危険性もあるのです。

健康にバストアップするためには、炭水化物断ちといった極端な方法は向いていません。

その大前提になるのは、充実した毎日の食生活と規則正しい生活習慣なのです。バストアップのために、食生活をチェックしましょう。

糖質の摂り過ぎや食物繊維の少なさ、栄養バランスの悪さや食べ方などに問題があるようならば、上手に改善していきましょう。

質のよい睡眠や適度な強さの運動、ストレス解消などの規則正しい生活習慣は、摂った栄養をバストアップに繋げていきます。

(まとめ)バストアップのために炭水化物ダイエットはよいですか?

1. 適量の炭水化物と食べる順番の考慮でバストアップ

炭水化物ダイエットが評判ですが、デメリットも起こっています。炭水化物には、糖質と食物繊維の2つが含まれています。

糖質は摂り過ぎても少な過ぎても健康とバストアップに悪影響を及ぼします。健康なバストアップには、食物繊維を増やし、最初に食べることです。

2. 糖質の摂り過ぎや糖質断ちは健康に悪影響を及ぼす

糖質は体のエネルギーの元で、常に消費されています。糖質を摂り過ぎると、血糖値の乱高下が起きやすくなります。

この状態が何年も続くと、糖尿病などの生活習慣病に陥るのです。しかし糖質を全く摂らない極端なダイエットをすると、糖質不足でふらつきなどが起こります。

3. ダイエットの味方、食物繊維をもっと食べましょう

食物繊維は腸内細菌を増やし、糖質の吸収を抑え、食べ過ぎを防ぐので、健康とダイエットの味方です。糖質の摂り過ぎを止めたいなら、糖質を極端に減らすのではなく、食物繊維を増やしましょう。

4. 極端な炭水化物ダイエットはバストアップと健康に逆効果

極端な炭水化物断ちの結果、炭水化物が不足するとホルモンバランスが崩れます。するとバストの乳腺が発達しなくなり、脂肪やクーパー靭帯が減り、筋肉も痩せてしまいます。

つまり極端な炭水化物断ちはバストアップと健康を妨げることが分かります。

5. 食物繊維ファーストで健康なダイエットとバストアップを両立

食事の最初に食物繊維を食べると、血糖値が緩やかに上がります。また食物繊維を噛むことで、満腹感がでて食べ過ぎを防げるのでダイエットできます。

その上、野菜から栄養が摂れるので、健康的なバストアップにもよいのです。

6. 食生活の充実と規則正しい生活習慣で健康的にバストアップ

健康にバストアップするためには、炭水化物断ちといった極端な方法は向いていません。食生活をチェックして、糖質や食物繊維、栄養バランスや食べ方などの問題を改善しましょう。

規則正しい生活習慣は、摂った栄養をバストアップに繋げていきます。

日本初のオールハンド育乳マッサージ 理想のバストへ

この記事の執筆者

佐藤 由加里
佐藤 由加里
バストアップ専門エステサロン「p-Grandi」チーフエステティシャン。マッサージ、医療脱毛・医療痩身・フェイシャル、総合痩身エステの施術などを習得したバストアップ専門家。プロフィール