トランポリンをやると胸が垂れるって本当?
バストの悩みQ&A

トランポリンをやると胸が垂れるって本当?

トランポリンをすると胸が上下に激しく揺れ、胸を支える靭帯が伸びて垂れる可能性があります

ジャンプを繰り返すトランポリンは、胸が激しく揺さぶられるため胸を支える「クーパー靭帯」に負荷がかけり、伸びて切れやすいため、胸が垂れやすくなります。

トランポリンを行う際は、胸をしっかりホールドし、フィット感のあるスポーツ専用ブラを身に着けることで、クーパー靭帯へのダメージを最小限に食い止めることができるでしょう。

トランポリンはクーパー靭帯に負荷がかけるため胸の下垂を進めます

トランポリンはクーパー靭帯に負荷がかけるため胸の下垂を進めます
トランポリンはジャンプする度に、全身の筋肉に刺激を与える全身運動なため、筋肉量が増えて基礎代謝もアップに効果的です。消費カロリーも多いため、ダイエット目的で始める女性もいると言います。

ただ、トランポリンはジャンプを繰り返すことで、胸が大きく上下に揺さぶられるのです。上下の大きな揺さぶりは胸にとっては悪い刺激となり、下垂を加速させると言われています。

クーパー靭帯とは?
胸は、大胸筋を土台としており、乳房の中には乳腺が張り巡らされています。さらに乳腺をカバーするために周りには脂肪がついています。そしてそれらの重みを支えるゴムのような役目を担っているのがクーパー靭帯です。

トランポリン運動により胸が上下に激しく揺さぶられると、このクーパー靭帯に胸の重みがズシリとのしかかり、大きな負荷となります。上下の動きが何度も繰り返されているうちに、クーパー靭帯が負荷に耐えられなくなるのです。

すると、洗濯を繰り返したズボンのゴムのように伸びきって、元に戻らなくなったり、途中で切れたりしてしまう場合があります。そうなると胸を支えるものがなくなり、重力に負けて下へと垂れてしまう結果となるのです。

トランポリンを行う際は胸を支えるスポーツブラの着用が必要です

トランポリンを行う際は、胸を支えるスポーツブラの着用が必要です
それでもトランポリンの運動効果を考えると、取り入れたいという方もいるでしょう。トランポリン自体は体にもよい運動なため、クーパー靭帯を守り胸の下垂を防ぐためには「スポーツブラ」を着用することをおすすめします。

スポーツブラとは?
胸が上下に激しく動いてもクーパー靭帯がダメージを受けないように、胸をしっかり支え、形崩れを防ぐスポーツ専用のブラのことです。
スポーツブラ選びのポイント

スポーツブラには様々な種類がありますが、選ぶときに見ておきたいポイントを紹介します。

胸全体をしっかりカバーして揺れを防ぐ機能がしっかりしているか?
激しく動いてもズレないか?
伸縮性があって動きやすいデザイン、素材を使っているか?
胸は汗をかくと蒸れやすいため、通気性や速乾性があるか?
締め付け感がない一方で、胸にしっかりフィットするか?

そして、スポーツブラのバックシルエットには色々なタイプがありますが、トランポリンをする際は紐がクロスもしくはH型、Y型になっているタイプだと腕も動かしやすく、適していると言えます。

トランポリン以外にもムリなダイエットや猫背なども胸が垂れることにつながります

トランポリン以外にも、ムリなダイエットや猫背なども胸が垂れることにつながります
トランポリンのみならず、胸が激しく揺れやすいスポーツは同じく胸の下垂を招くリスクがあるのです。軽いジョギングであっても、胸が上下に動くためしっかり胸の揺れをサポートしてくれるスポーツブラが必要となります。

さらに普段から姿勢が悪く、猫背になっていると胸への血流が滞ります。乳腺の発達に必要な栄養素や女性ホルモンが運ばれにくくなり、ハリを失って胸が垂れる原因となるでしょう。

また、肥満により胸も大きくなることがあり、逆にダイエットなどで体重が急に減ると、バストの脂肪も減少しがちです。急激にバストサイズが変化すると、クーパー靭帯が伸びきって元に戻らなくなったり、切れたりすることもあるため、胸が支えを失い垂れる可能性が高まります。

他にも偏食など食事の栄養バランスの悪さ、睡眠不足、ストレスや運動不足などの生活習慣の乱れは、胸にも大きな影響を与えます。ハリや弾力を失ったり、胸の脂肪が背中やお腹に流れて胸の輪郭や谷間が消滅し、形崩れを起こしたりすることがあるため注意が必要です。

まとめ

1.トランポリンをすると、胸が上下に激しく揺れ、胸を支える靭帯が伸びて垂れる可能性があります

トランポリンはジャンプする度に胸が大きく揺れるため、胸を支えるクーパー靭帯が傷ついて、支えを失い胸が垂れやすくなります。

胸をしっかり包みこんでホールド力があり、激しい揺れにも耐えうる設計のスポーツブラを着用することをおすすめします。

2.トランポリンはクーパー靭帯に負荷がかけるため、胸の下垂を進めます

トランポリンを行うと、胸が大きく上下左右に揺さぶられるため胸を支えるクーパー靭帯に大きなダメージを与えます。

その結果としてクーパー靭帯が伸びたり切れ、胸を支えきれなくなり垂れたり、外へ広がったりして形崩れの原因となります。

3.トランポリンを行う際は、胸を支えるスポーツブラの着用が必要です

トランポリンは運動効果も高いので、やってみたいという方は胸のホールド力が高いスポーツブラを着用したほうがよいでしょう。

胸の揺れを防いで、しっかり支える機能や通気性や速乾性があって、胸にフィットしやすいものを選ぶのがおすすめです。

4.トランポリン以外にも、ムリなダイエットや猫背なども胸が垂れることにつながります

トランポリン以外にも、胸が激しく揺れるスポーツや姿勢の悪さなども胸が垂れて、形が崩れる原因となります。

さらに急激なバストサイズの変化もクーパー靭帯を傷つけることにあるため、胸の下垂につながるのです。

  バスト専門サロン発のナイトブラでグンっと魅力UP
 

この記事の執筆者

佐藤 由加里
佐藤 由加里
バストアップ専門エステサロン「p-Grandi」チーフエステティシャン。マッサージ、医療脱毛・医療痩身・フェイシャル、総合痩身エステの施術などを習得したバストアップ専門家。プロフィール