バストの悩みQ&A

「冷え性」はバストにどう影響するの?~冷え性の改善とバストアップのポイント~

手や足の先が冷たくなり、冷えて辛いという人が特に冬場には増えてきます。
「冷え性」とは、手先や足先などの末端に血液が届きにくい状態です。冷えからくる、肩こりや手先のしびれなどあちこちに影響することを感じる人も多いようです。
そもそもなぜ冷え性になってしまうのか、冷え性はバストアップにどう影響するのか、冷え性とバストの関係性について、その対策も一緒に紹介していきます。

冷え性と血流について

冷えて布団から出れない
「冷え性」の人は、手先、足先などが冷えてなかなか体が温まりにくく、体の末端に血液が届きにくくなります。
血流が悪い状態は「血行不良」と言われ、老廃物も流しにくく、酸素や栄養も届きにくくなります。
冷え以外にも血行不良を招く主な原因は以下です。

【冷え性や血行不良の原因】
自律神経の乱れ

不規則な生活や緊張など気持ちにストレスを抱えていると、自律神経を乱してしまいます。
すると体温調節ができにくくなり、冷えた体のままになってしまいます。

筋肉量の不足

筋肉自体に発熱する力があるので、動いて筋肉を増やすのはとても大切です。
運動不足による筋肉量が足りないことは、血行に大きく関わります。

体の冷えを招く衣類

特に関節周りは贅肉が少ないので外の冷気が体にもろに入ってきます。ですから、手首、足首、首周りや肩といった関節部分を冷やすと体の冷えを招きやすくなるのです。
特に女性の衣類は、スカートやストッキングといった保温性が低いものが多いので、下半身から体全体の冷えを招き、足首周りからも冷やしてしまうことになります。

血液の状態から来る不調

貧血や低血圧であると、血液の酸素や栄養を運ぶ力が低くなり、熱を運ぶ力も下がって冷えやすくなります。
体質や体格の影響を受けているということもあります。

血流が悪いとバストにどう影響するの?

バストの成長には酸素・栄養が欠かせません。冷え性で体温が低いと血流やリンパの流れが悪くなり、バストへの栄養や老廃物の運搬も滞りやすくなります。
バストアップには「冷え」とそこからくる「血行不良」は大敵です。

また、体温が低いとホルモンを分泌する子宮も冷え込んでしまい、ホルモンバランスが乱れます。
血流が悪く冷え性でいるとホルモンバランスが乱れ、バストの成長に影響を及ぼします。

冷え性を改善して、バストの血流の流れをよくするポイント

ランニングする女性

1.運動を適度に行い筋肉を鍛える

・運動することで、体が温まり血行が良くなります。生活に運動を取り入れると代謝もよくなり、自律神経のバランスも整えられます。
固まってしまったバスト周りの筋肉も、軽い運動でもほぐれて、血行も改善できます。

・筋肉は、体の熱の6割も作っているところなので、大きな筋肉のある太ももやお腹、背中などを鍛え筋肉量が多くなると体の熱がたくさん作られて冷え性改善に繋がります。

・ふくらはぎの筋肉は、「第二の心臓」と呼ばれ、下半身に溜まる血液を心臓に戻してくれるポンプのような大事な働きをしてくれます。ここを鍛えるのは、下半身や足先の冷え性の改善には特に効果的です。
直接ふくらはぎを鍛える「つま先立ち」を繰り返したり、座ったままで「つま先上げ」や「かかと上げ」をしたりすることは、血流は改善にとても役立ちます。
「ふくらはぎ」と同時に足腰全体の筋肉を増やすことも期待できるウォーキング、「ふくらはぎ」を伸ばすストレッチなど、自分に合った運動を少しずつ生活に取り入れていくといいでしょう。

2.睡眠時間を長めにとる

睡眠時間をしっかり長めにとると、体温が上がって血行がよくなります。少ないとホルモンバランスが崩れます。
夜の10時~夜中の2時までは睡眠のゴールデンタイムにはホルモンが多く分泌させて、バストの成長が望めます。
睡眠時間はストレスにも大きく影響します。熟睡ができるよう夜の9時以降にスマホなど画面などは見ないようにして質のよい長めの睡眠をとりましょう。

3.入浴する

忙しいとシャワーですませてしまうこともあるかもしれませんが、入浴は体全体を温めて血行を良くしてくれます。
また、温めることで筋肉のコリもほぐされ血行が良くなります。

4.ストレスを減らす工夫をする

ストレスは、血行の流れや、ホルモンバランスの乱れに直結してしまいます。睡眠時間はストレスに直結します。
そのため睡眠時間を優先的に取ることがストレスの軽減には大事です。また、好きな趣味に没頭することや、好きなことでリラックスタイムを作ることも、ストレス解消に大変貢献します。
「ゆったりお風呂」「アロマをたく」「好きな音楽に浸る」などを自分の気分がよくなることをする時間をとりましょう。

5.体を冷やさない生活の仕方を取り入れる

特に肩や首回りが衣類で守られていない時は、冷えて直接バストの血流を悪くしてしまいます。それがバストの成長を妨げることに繋がっていきます。
そこで、マフラーやストールなどで体を温かくしたり、厚めの服を着たりして体を冷やさないように守りましょう。冷たい飲み物は体の内側から冷やしてしまうので、なるべく温かいものを取るようにしたいです。
関節部分は特に冷えを取り込みやすいので、手首や足首にはウォーマーを着けましょう。
お腹周りの体幹部分を温めると緊張がほぐれて交感神経がゆるみます。すると体の末端まで血流を送られやすくなり温まってきます。腹巻きや湯たんぽなどでお腹を温めることもおすすめです。
また、お風呂から出るときに、両足首や手首に冷水をかけると温かさを保つことができます。
生姜やねぎは体を温める食材です。味噌汁にネギを入れたり、紅茶に生姜を入れたりして、日常に体を温める食材を活用していきましょう。
足湯は、熱の伝わりやすい足首を温めることになり、とても効果的な冷え取り方法です。デスクワークで疲れたり、外気で冷えたりした時など、足湯で温まってはいかがでしょうか。

6.タンパク質を十分摂る

タンパク質は、炭水化物や脂肪と共に熱を産出する栄養素ですが、運動して熱を産出する炭水化物とは異なり、タンパク質は運動しなくても熱を産出します。
タンパク質を多くとっていくと熱が発生しやすくなります。男性に比べて運動量、筋肉量の少ない女性は特にタンパク質を十分とることが冷え性対策には必要です。

7.胃腸を整える

胃腸の吸収がよいことは、栄養も吸収しやすいので熱が産み出しやすくなります。
冷え性の治療には胃腸を整えることが大事なことなのです。

ナイトブラの活用

下着マネキン
寝ている時は、首周辺は布団から出ているので、冷えやすい部分です。
首の冷えはバスト周りにも影響しますので、バストの血行不良に繋がりやすくなります。
睡眠時の冷えを予防するためにナイトブラを活用するのも1つの方法です。

1.ナイトブラでバスト周りを温める

ナイトブラを付けることで、何も付けない状態よりバスト周辺を温かく保つことができます。その為には、締め付けのないものを選ぶことが重要です。
せっかく温めても締め付けて血行が悪くなれば、睡眠の質が落ちて睡眠中の体の修復が進みにくくなってしまします。伸縮性のあるもの、ホックなど金具の無いものを選びましょう。

2.ナイトブラでバストの圧迫を防ぎ、バストの形を整える

睡眠中にバストが圧迫されてしまうと血行不良にも繋がりますが、正しいサイズのナイトブラをすることで、バストの圧迫を防ぎ、血行促進にもつながります。
バストには、そのハリを保つ役目のクーパー靭帯があります。この靭帯は、きついナイトブラで傷つけることがないようにするには、正しいサイズを選ぶことが大事です。
バストが流れて、型崩れの原因となるのを防ぐために使う場合も自分にピッタリのサイズを選びましょう。
ナイトブラは基本的に下からはくように付けます。その方がバストをきちんと支えられ納まりやすく効果的です。

まとめ

1.冷え性や血行不良の原因とは
2.血流とバストの関係
3.冷え性を改善してバストの血流を良くしましょう!
4.寝るときも油断せずに!ナイトブラを活用!

いかがでしたでしょうか?
冷え性で体温が低いと血流やリンパの流れが悪くなり、バストへの栄養や老廃物の運搬も滞りやすくなります。
生活習慣を見直したり、ナイトブラを活用したりすることで、「冷え」を防ぎバストアップしやすい体づくりをしていきましょう!

  バスト専門サロン発のナイトブラでグンっと魅力UP
 

この記事の執筆者

佐藤 由加里
佐藤 由加里
バストアップ専門エステサロン「p-Grandi」チーフエステティシャン。マッサージ、医療脱毛・医療痩身・フェイシャル、総合痩身エステの施術などを習得したバストアップ専門家。プロフィール