貧乳がマッサージによって大きくなるって本当?
バストの悩みQ&A

リンパの流れを良くしてバストアップ!リンパマッサージの効果と具体的な方法をご紹介

(2020.08.13 追記)

胸のリンパマッサージはバストアップに効果があるって本当でしょうか?
マッサージをすることでリンパの流れが良くなると、女性ホルモンの分泌のバランスも良くなります。その結果、バストアップにつながります。それだけではなく、デコルテもすっきりして、メリハリのあるボディーを目指すことができます。

リンパマッサージは体そのものが健康になる方法なので、安全でかつ効果的で、しかも特別なグッズを用意しなくても、自宅で好きな時間にセルフケアができます。既に多くの人がリンパマッサージで理想のバストを手に入れていますよ!

今回は「リンパとバストアップの関係」と「効果的なリンパマッサージの方法」を具体的にご紹介します。

リンパの基礎知識① リンパの働きとは

リンパの基礎知識① リンパの働きとは
バストアップだけではなく、体が疲れた時や美容にリンパマッサージが良いといわれます。そこで、そもそも「リンパ」とは何かご説明します。

体内には「血液」と「リンパ液」が流れています。血液の大部分は、心臓から排出され、全身を巡って心臓に戻りますが、一部は血管から外へ出てリンパ液となり、リンパ管を通って静脈に戻ります。

そして、リンパは体内で大きな役割が2つあります。

  • 細菌や異物が体内に入らないようにする免疫機能。
  • 体内の老廃物の回収と運搬を行う排泄機能。

リンパ管の中には、この2つの役割を果たすための中継地点であるリンパ節があります。リンパ節は、体内に600〜800個あるといわれ、特に首や脇の下、脚の付け根の辺りに多く存在します。体内に侵入した細菌や異物はリンパ節でせき止められ、免疫によって処理された上で、きれいなリンパ液になって静脈で回収され、心臓に戻ります。

血液は心臓がポンプの役割をしていますが、リンパにはポンプの役割がなく、リンパ液は筋肉の動きとリンパ管そのもののぜん動運動で運ばれます。なので、1日中ずっと同じ姿勢でいたり、運動が不足していたりするとリンパ液の流れが滞りがちになり、むくみが生じたり、免疫機能が低下したりするなど、体調不良を引き起こす原因となるのです。

そんな時にリンパマッサージをすることで、リンパ液の循環を改善することができます。

リンパの基礎知識② リンパの流れが良くなるとどんな効果があるの?

リンパの基礎知識② リンパの流れが良くなるとどんな効果があるの?
リンパマッサージを行うことで期待できる代表的な効果を3つご紹介します。

1.自律神経に働きかけ、ストレスが軽減される

リンパの循環は、自律神経の働きに密接に関係しています。リンパマッサージを行うことで副交感神経が優位になり、自律神経が整い、ストレスを軽減する作用が期待できるといわれています。

2.リンパの循環により、体内を浄化・免疫機能の向上につながる

リンパが流れると、体内の老廃物や有害物質をリンパ管が回収し、体外へ排出されるようになります。リンパ節で作られる白血球(リンパ球)やマクロファージがウィルスや細菌をキャッチしブロックしてくれるので、免疫機能の向上につながります。

3.血行を良くして体の内側から不調を改善し、痩身効果も期待できる

リンパの流れが整うと血行も良くなり、冷えや肩こり、むくみなど体の不調が改善されやすいといわれています。新陳代謝も活性化され、元気が出るようになります。
体調不良に気付いた時にすぐに対処することを心掛ければ、リンパが長時間滞ることを防ぐことができ、少しずつ日常的にむくみや疲れをため込まない体へと向かいます。

バストアップとリンパってどんな関係があるの?

バストアップとリンパってどんな関係があるの?
バストが成長しない理由の一つとして、リンパの流れが悪くなっていることが挙げられます。

リンパの流れが悪くなる原因とは?
運動不足による筋力低下、長時間の立ち仕事やデスクワークで体の動きがないために巡りが悪くなっていることが考えられます。

バスト周辺にはたくさんのリンパ節がありますので、ここに老廃物が溜まってしまうと血行や代謝が悪くなり、女性ホルモンの分泌を妨げてしまいます。結果、バストのサイズダウンや形崩れを招く可能性があるようです。

リンパ節に老廃物が溜まったままでは、高価な「バストアップサプリ」「補正下着」「バストアップクリーム」も充分に効果が発揮できないのです。胸と胸の周辺のマッサージを行って、リンパの流れを助ければ、乳腺に栄養が行き渡りやすくなるのです。

また、リンパだけでなく血流も良くなるので、代謝が上がり、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が促進されます。女性ホルモンは乳腺を発達させる働きがありますが、乳腺が発達すると、発達した周辺に脂肪がつきやすくなり、胸が大きくなる効果が期待できるのです。

リンパマッサージを行う時には「オイル」や「クリーム」を使うことをおすすめしています。それは、摩擦による肌のダメージを防ぐことと、アロマによるリラックス効果が眠りの質を高めてくれるからです。

眠りの質が良くなれば女性ホルモンの分泌も高まりますので、バストアップにも効果を与えてくれるのです。

バスト回りのリンパマッサージで得られる育乳効果とは?

バスト回りのリンパマッサージで得られる育乳効果とは?
胸のリンパマッサージによる代表的な効果を3つご紹介しましょう。

1.バストアップ効果

胸のリンパマッサージを行うことで、バストアップの鍵となる「乳腺」と「大胸筋」の新陳代謝が促進できます。新陳代謝が促進されると乳腺が発達しやすくなり、胸まわりに脂肪がつきやすくなるため胸が大きくなるといわれています。
また、バストを支える大胸筋も、胸のリンパマッサージの刺激によって発達します。支える筋肉が安定すれば、上を向いた形の良いバストが形成されるという仕組みです。

2.デコルテがきれいに見える

デコルテの新陳代謝が促進されて、体内の毒素や老廃物が排出されやすくなります。デコルテは頭部の重力を支え、緊張しているため、実は老廃物も溜まりやすいのです。
デコルテがすっきりするとバストラインがきれいに見えるようになります。デコルテは年齢とともに痩せてしまいやすいですが、これもリンパの滞りが関係していることが多いということです。

3.二の腕がすっきりする

胸のリンパマッサージは、二の腕にも効果を発揮します。胸のリンパマッサージをすれば脇の下のリンパも流れるため、二の腕の老廃物もスムーズに排出されるようになります。
二の腕のリンパの流れが悪くなって老廃物が溜まると、脂肪がつきやすくなるそうです。リンパマッサージで気になる二の腕もすっきりさせましょう。

バストアップに効果のあるリンパはここ!

バストアップに効果のあるリンパはここ!
胸と脇の周辺には、たくさんのリンパ節が集中し、さらに、多くの経絡も通っています。バストアップに大きく関わるリンパ節は、「鎖骨の上」や「脇の下」にあります。

特に、脇の下には、乳腺の老廃物が流れていくので、脇の下の老廃物を排出することはバストアップの鍵、胸の健康の鍵といっても過言ではありません。脇の下を軽く押してみて、もしも痛みを感じたら、リンパが滞っている可能性が高いということです。

リンパマッサージは、体の上部から下部に向かって順番に行います。
バストアップのためには、下記の順番で行いましょう。

  1. 鎖骨
  2. 胸の周り
  3. 脇の下
  4. バージスライン
  5. 背中

メリハリのあるバストラインを作る鎖骨のリンパマッサージ

メリハリのあるバストラインを作る鎖骨のリンパマッサージ
メリハリのあるバストラインを作るためには、まず鎖骨のリンパマッサージから始めます。

鎖骨は全身のリンパの最終出口という役割があるそうです。最初に鎖骨周りから大胸筋をほぐし、リンパマッサージを行うことで、体内に蓄積された老廃物や毒素を排出する出口をしっかり確保しておくことが大切なのだそうです。

固まりがちなバスト上部をほぐし、メリハリのあるバストラインを作りましょう!

鎖骨のリンパマッサージのやり方
  1. 手を軽く握り、鎖骨中心にセットします。内側をほぐすようなイメージで、円を描きながら外側へ向かって脇までほぐしていきます。
  2. 手を開き指先を揃えて胸に当て、そっとなでるようなタッチで鎖骨中心から脇まで流していきます。

バストを引き寄せる脇のリンパマッサージ

バストを引き寄せる脇のリンパマッサージ
脇など横に流れがちな胸は、脇のリンパマッサージで改善します。脇・肩甲骨周りの筋肉をほぐし、脇の中を緩めてリンパの流れを良くすることで、脇へ流れがちなバストを取り戻す効果があるそうです。

脇のリンパマッサージのやり方
  1. 脇の下に手を入れ、くぼみに親指を添え、他4本指を肩甲骨の辺りに当てて挟むようにします。
  2. 軽くつまみながら、中の筋肉をほぐします。
  3. 約10秒、親指を脇の中に押し込み、ゆっくり離します。これを5回繰り返します。
  4. そのまま腕を上げ、クリームを手に取り脇の下をクルクルとマッサージをしながら、10秒ほど刺激します。
  5. 腕を上げたまま、手のひらを使い、リンパを鎖骨に向かって押し流すイメージで、肘⇒脇⇒鎖骨に向かって10回ほどさすります。

柔らかいバストを作るバスト側面のリンパマッサージ

次に、バストの側面のリンパマッサージを行います。バスト側面の筋肉を緩めリンパの流れを良くすることで、マシュマロのようなふんわり柔らかいバストを育成することができるそうです。

  1. 手を軽く握り、バストの外側にセットし、バスト側面をゆっくりと円を描くようにマッサージします。
  2. 1と同様に手を置き、深く息を吐きながら、バストを中心へ寄せるようなイメージで両サイドから圧をかけます。10回くらいを目安に行いましょう。

バストの形を整えるバージスラインのリンパマッサージ

バストの形を整えるバージスラインのリンパマッサージ
バストの形を整えるには、効果が期待できるバージスラインのリンパマッサージをしましょう。胸の下の筋肉の硬直を緩め、美しいバージスラインを作ることができます。

バージスラインのリンパマッサージのやり方
  1. 右手を左のバストの下に、バストの間に親指が来るように添えて、その他の指を揃えアンダーバストに置きます。
  2. 手はそのままの状態で、バストを中心に5回大きく円を描きながら寄せ上げるようなイメージで、胸を優しく回します。
  3. 次に、アンダーバストを両手でつかみ、バストをアップさせるように上に押し上げると、バージスラインがきれいに出るようになります。

すっきりボディーを作る背中のリンパマッサージ

すっきりボディーを作る背中のリンパマッサージ
背中のリンパマッサージは、肩こりや体のだるさに効果の期待できるマッサージです。

背中からケアすることで、バストアップだけではなく、背中や脇腹の余分なお肉をすっきりとさせることが可能になります。背中は手が届きにくく、マッサージするのは難しい部位ですが、自分の手の届く範囲を行うだけでも効果は期待できます 。

  1. 片手を上げた状態で脇の下から反対側の手を回して、4本の指で、肩甲骨の辺りから脇の下を通って、背中の脂肪を胸まで引き寄せるようにマッサージします。
  2. この動きを10回ほど繰り返し、反対側も同じようにリンパを流す動作をします。
  3. 指で背中にある筋肉(広背筋)を押さえながら、肘を曲げて、腕を体の上下に動かします。

豊かなバストを作る乳腺のリンパマッサージ

豊かなバストを作る乳腺のリンパマッサージ
「鎖骨」⇒「脇の下」⇒「背中」とリンパを流したら、いよいよ乳腺を刺激するリンパマッサージを行います。

乳腺のマッサージは、体内の老廃物が排出されやすい状態になってから行うとより高い効果が期待できるといわれています。マッサージ自体で脂肪細胞を増やすことはできませんが、乳腺を刺激し乳腺の活動を活性化させることで胸の脂肪が増えるようになるそうです。

  1. 片方のバストの下に手を置き、左右の手で交互にすくい上げるように動かします。
  2. バストの下に手のひらを当て、みぞおちの高さにあるバストの下の脂肪を、引き上げるイメージで優しく揉みます。
  3. 手が胸や肌から離れないように5~10回引き上げるイメージで優しくバストを持ち上げるように動かします。

バストのハリを取り戻すリンパマッサージ

バストのハリを取り戻すリンパマッサージ
最後にバストの垂れを防ぐリンパマッサージを行いましょう。

このリンパマッサージは、垂れを予防するだけでなく、バストにハリを出して美しい状態を保つ効果があるといわれています。

  1. 片方のバストの上部に片手を置き、鎖骨に向かって上方向に流していきます。親指以外の4本の指を使って皮膚を上に引き上げるイメージで、上に上に流していきます。
  2. もう片方のバストも同じように、10回を目安にマッサージします。

リンパマッサージQ&A

リンパマッサージQ&A
リンパマッサージの専門家に寄せられる質問で多いものをまとめてみました。

リンパマッサージをすると痛みはありますか?
はい、痛みを感じることがあります。リンパマッサージで痛みを感じる理由は3つあります。
1.リンパに老廃物が詰まっている
2.筋肉が硬く張っている
3.強く押しすぎている
筋肉の強張りが取れるお風呂上がりに、優しくマッサージすることを心がけましょう。毎日、あるいは定期的にケアを続けていると徐々に痛みが和らいでくるでしょう。
リンパマッサージだけでバストアップの効果はありますか?
リンパマッサージだけでも、バストアップ効果を期待することはできます。
体脂肪の量や脂肪の質など、色々な要因で個人差はあるそうですが、平均して1サイズから3サイズくらいのサイズアップは期待できるでしょう。
ただし、リンパマッサージはあくまでもサポートの役割なので、さらに効果を高めたい方は他の対策も併用することがベストです。
バストのボリューム(高さ)を出すことができますか?
バストの高さを上げるためには、鎖骨などの老廃物をしっかりと取り除くことで実現できるでしょう。
バストアップエステサロンでは、高さに特化したマッサージも行われているので、一度専門家に施術してもらうこともおすすめです。

リンパマッサージの効果を上げるポイント5つ

リンパマッサージの効果を上げるポイント5つ
基本的にリンパマッサージは、体の上部から下部に向かって順番にマッサージをしていきます。効果を高めるコツを5つご紹介しましょう。

リンパマッサージ前後に白湯または常温の水を摂取する
飲む量は小さなコップ1杯ほどで充分です。リンパマッサージの前に水分摂取を行うことで、リンパがより流れやすくなり、マッサージの後に飲むと、体内の老廃物や毒素が汗や尿として排出されやすくなるそうです。
ゆっくりとした呼吸を行い、筋肉の緊張を緩める
筋肉がこわばっているとリンパが流れにくくなってしまうため、深いゆっくりとした呼吸を意識して、口から息をフーとゆっくり吐きながらマッサージを行いましょう。
リンパ節の周りをほぐして、リンパの滞りを解消させる
「リンパ節」は、リンパ液中の老廃物や細菌などを排出する「体のろ過装置」としての機能を持っており、老廃物が溜まりやすくなっています。リンパをスムーズに流すためには、マッサージだけではなく、リンパ節の周辺も軽くもみほぐしてあげましょう。
お風呂上がりに行うこと
血流やリンパ液の流れがいい時やリラックスしている時にリンパマッサージを行うのが良いそうです。その為、お風呂上がりは効果を得やすいタイミングといわれています。
クリームやオイルなどで手指の摩擦を抑えること
マッサージを素手で行うと、皮膚と手指の間に摩擦が起きやすく、肌にダメージを与えてしまうことも考えられます。クリームやオイルを使うことで、なめらかにマッサージできるだけではなく、香りによるリラクゼーション効果が期待できます。

リンパ液の流れを促進して老廃物を排出しやすい体を作るには、1回だけあるいは断続的なマッサージでは難しいといわれていますので、なるべく毎日続けて行いましょう。

リンパマッサージで気を付けること

リンパマッサージで気を付けること
リンパマッサージを行う上で気をつけたいポイントをご紹介しておきましょう。

リンパマッサージは優しく流したり揉んだりすること
リンパマッサージの力加減は、優しく、赤ちゃんをなでるようにしましょう。リンパ管は皮膚の浅いところにありますので、優しくなでるだけでも充分に刺激され、リンパの流れが促されます。
手の滑りを良くするためにクリームやベビーオイルを使用しましょう
バストアップ専用のマッサージクリームを使うと、育乳効果のある成分が含まれていますので、さらに効果がアップすることが期待できます。
体調に合わせて行う
体調がすぐれない時は、無理をしないようにしましょう。マッサージによってリンパや血液の流れが促進されるので、症状悪化や健康上のトラブルを引き起こす恐れがあります。
生理の前後はバストが張り、軽い痛みを感じる人もいますので、控えることをおすすめします。また、飲酒の後に行うことも控えましょう。
継続すること
リンパマッサージは、1回のマッサージの時間を長くしても、すぐにバストアップ効果が出るわけではありません。時々行うよりも、短い時間でも毎日行う方が効果は出やすいので、心がけてくださいね。

まとめ

1.リンパの流れが良くなると、代謝が上がり、女性ホルモンの分泌が促進されバストアップの効果が期待できる
2.リンパマッサージをすると、バストアップだけではなく、デコルテ、二の腕がすっきりしたメリハリボディーになれる
3.バストアップのためには、鎖骨、胸の周り、脇の下、バージスライン、背中の順に
4.リンパマッサージの前後に白湯または常温の水を飲むと効果が高まる
5.お風呂上がりに行うのが効果的
6.クリームなどを使い、優しくなでるようにマッサージ
7.継続することが大事、なるべく毎日行おう

1日1回、お風呂上がりなどにボディラインをチェックする感覚で、リンパマッサージすることを日課にするといいですね。

リンパマッサージは自分でも行えますが、プロの施術はやはり異なります。時には、サロンで優しく、しっかりとリンパを流してもらって、自信の持てるバストラインを目指しましょう。

日本初のオールハンド育乳マッサージ 理想のバストへ

この記事の執筆者

佐藤 由加里
佐藤 由加里
バストアップ専門エステサロン「p-Grandi」チーフエステティシャン。マッサージ、医療脱毛・医療痩身・フェイシャル、総合痩身エステの施術などを習得したバストアップ専門家。プロフィール