バストの悩みQ&A

胸の形が悪くなる原因ときれいなバストの作り方

(2020.02.14 追記)

胸の形が悪くなる原因を知って日々の生活習慣の中で改善していきましょう

女性なら自分の胸の形や大きさが気になりますよね。美しいバストと聞いて思い浮かぶのは、豊満で谷間のあるバストというイメージが多いかもしれませんが、ボリュームがあればいいという訳ではなく「形」がとても重要です。

小さなバストでも形が整っていれば、美しいバストといえます。ちょっとした生活習慣の見直しや空いた時間にできるトレーニングで美しいバストを手に入れることができます。胸の形が悪くなる原因や解決法を知って、自分の理想とする胸の形に近づけて美しいバストを手に入れましょう。

理想的なバストってどんな形?

理想的なバストってどんな形?
バストには様々な形がありますが、理想的なバストとはどういう形でしょうか?鎖骨の中心とバストトップを結ぶと三角形ができます。この三角形が正三角形に近づくほど美しいバストの形といわれていて、ゴールデントライアングルと呼ばれています。

バストが一番きれいに見える黄金比なのです。一般的に、男女ともに憧れるサイズは、CカップからEカップといわれています。バストサイズは民族的なものや遺伝によって左右されますが、形を整えることは誰にでも可能です。人によって好みの形も様々でしょう。

ボリュームがあっても形が悪ければ美しいバストとはいえません。大きさと形のバランスがそろってこその理想的な美しいバストなのです。ここでは、大きく分けて5つのバストの形を紹介します。自分の形がどの形なのかを知って、バストアップと形を整える方法を実践してみましょう。

1.お椀型

お椀型は、半球型ともいわれる形です。ふんわりとして柔らかいイメージがあります。バストの形の中では一番理想的といわれていて日本人の間で人気のある形です。美乳といわれるバストの方は、お椀型が多いです。

正面から見ると、お椀を伏せたような形をしていることからこう呼ばれています。丸くてきれいでバランスの取れた形をしています。バストトップから見ると上部と下部のボリュームがほぼ同じなので、バランスがいいのです。また、乳腺が発達している上に乳腺周りの脂肪が多く、ふっくらと柔らかいバストなのが特徴です。

乳腺と脂肪が多いことから、この形の方はCカップ以上の人が多いです。円錐型よりもお椀型の方がバストトップの高さは少し低めです。ボリュームは小さめになりますが、バストにハリがあり乳頭が上を向いているので人気の形といえるでしょう。

2.三角型

三角型は、横から見たときに三角形に見えるバストです。バストトップより上の部分のボリュームが少なく、全体的に小さめのバストです。

バストの厚みが少なく小さめのバストは、下記の方に多く見られます。

  • 成長期の時
  • 妊娠・出産・授乳を経験した方
  • 高齢の方

妊娠・出産・授乳<を経験した方は、胸の上部の脂肪が落ちてしまい、くぼんでいるような形になることから、この三角型になるのです。脂肪は落ちてしまっても乳腺が発達しているので、三角形になってしまうのです。バストの上部には脂肪が付きにくいため、小さめだったバストの方が加齢や筋力の低下により垂れ下がってきた場合も三角型になってしまいます。

高齢の方がなる場合は、胸を持ち上げてくれるクーパー靭帯が伸びきってしまっていることが原因ともいわれています。

3.皿型

お皿を裏返しにしたような形のバストで、日本人に最も多い形です。乳腺が発達していない上に、乳腺周りの脂肪の量も少なく、ボリュームが出にくいバストです。時には貧乳やペチャパイといわれて寂しい思いをした女性も多いことでしょう。前から見るとバストの形をしているのに、横から見ると、ほとんど厚みやふくらみがなく、仰向けに寝転ぶとバストのふくらみがなくなってしまうのが特徴です。

その反面、胸の重さがないため、スポーツをしても邪魔になりません。そしてバストの重みで肩こりに悩まされることもありません。また、加齢により垂れることも少ないでしょう。メリットも多い皿型ですが、やはりボリュームのあるふっくらとしたバストに憧れますよね。

外見だけを考えれば、補正下着やボリュームアップブラできれいなバストを手に入れることはできます。でも、女性のコンプレックスになってしまうこの皿型は、意外にも男性から人気が高いのも特徴なのです。

4.円錐型

円錐型は、とても乳腺が発達していますが、乳腺周りの脂肪が少なく、バストトップが上向きで尖っているのが特徴です。

他の形よりも良い点

  • ハリがある
  • 形が崩れにくい
  • ブラジャーを着用しなくても形が整っている

その反面、ボリュームがあって、バスト自体が前に突き出るような形のため、加齢により垂れやすいです。巨乳といわれる方に多い形で、胸元の開いた装いをすると谷間がくっきりとしてセクシーなので男女ともに憧れの形でもあります。ロケット型と呼ばれていて欧米人に多く、日本人には少ない形です。

胸の底辺よりも高さが大きく、ハリがあって発射寸前のロケットのようなので、この名前が付けられたそうです。民族的な遺伝要素が大きい形なので、日々のトレーニングや努力で、この形になることは難しそうです。

5.釣鐘型

釣鐘型のバストも円錐型と同様に欧米人に多く、日本女性には少ない形です。正面から見ると釣鐘の形をしていることから名付けられました。円錐型よりもバストトップの位置が低いのですが、大きく豊満で魅力的なバストの形です。この形も巨乳の方に多く見られます。

釣鐘型の特徴

  • トップバストとアンダーバストの差が非常に大きい
  • 脂肪分も多い
  • 下乳部分がふっくらとしたボリュームがある
  • バストの上部はボリュームが少ない

下乳部分でバストを支えているので、加齢や運動不足、ダイエット等により、脂肪が失われてしまうと垂れ下がりやすく、ケアが欠かせない形ともいえます。また、バスト自体の重みが大きいことから、ブラジャーを着用しないでいると重力の影響で胸を支えるクーパー靭帯が伸びたり切れてしまったりして垂れやすくなってしまいます。

バストの形が悪くなる原因とは?

美しく魅力的なバストは、女性の憧れです。しかし、なかなか理想のバストになれないのも現実です。美しいバストになりたいと思う女性の多くは「大きさ」を気にしてしまいますが、本当に魅力的なのは大きさより「形」です。大きければいいというものではなく、形が整ってこそ魅力的なバストといえるでしょう。

では、バストの形が悪くなるのはどんな原因があるのでしょうか?日々の生活習慣や食生活、何気なく行っている「くせ」によって、バストの形は大きく変わってしまいます。バストの形が崩れる原因を知り、それを直すだけでも美乳に近づけるのです。

ここでは、バストの形が崩れる原因を5つご紹介します。ご自身に思い当たることがいくつかあるのではないでしょうか?まずは、バストの形が崩れる原因を知り、できることから改善してみましょう。

1.ブラのサイズ間違い

バストの形が悪くなる原因とは?
胸の形が悪くなる原因に、サイズの合っていないブラジャーを着用していることがあります。

こんなことしていませんか…?

  • 成長期に初めてブラジャーを購入し、そのままのサイズで着用を続けている
  • 自己流の知識でサイズを測っている
  • デザインがかわいいからという理由でブラジャーを購入している

胸のサイズは、生活習慣や加齢、健康状態によっても変化します。成長期が終わり、大人になったらバストサイズは変化しないと思っていませんか?

サイズの小さなブラジャーを着用していると、脂肪分がはみ出て形が崩れてしまうだけでなく、締め付けられることで血行が悪くなり、必要な栄養分や女性ホルモンが胸に運ばれなくなってしまいます。小さいブラジャーは胸を押しつぶしてしまいます。逆に大きめのブラジャーをしていると、サイドに流れ、激しい運動をしたときにクーパー靭帯を損傷してしまう恐れもあります。

バストサイズに合ったブラジャーを着用するためには、季節の変わり目や衣替えのタイミングなどで、定期的にバストサイズを測ることをおすすめします。

2.寝ている間に崩れてしまう!

2.寝ている間に崩れてしまう!
寝ている間に胸は成長しているのをご存じでしょうか?

「寝る子は育つ」というように就寝中に分泌される成長ホルモンは、バストの成長も促進します。胸の形の善し悪しは睡眠中に決まってしまうといわれるほどです。胸の形が悪いと思っている女性の多くは、ブラジャーをしないで眠っていて夜のうちに形が崩れる原因を作ってしまっているのです。また、寝ている姿勢でも胸の形は大きく変わってしまいます。

ブラジャーをしないで寝ていると、体が上向きの時に胸がサイドに流れてしまいます。横を向いている時や寝返りをうったり、うつぶせになって眠ることで胸の形は潰れてしまいます。そして、つぶされた状態でもバストは成長してしまうので、形が悪くなっていくのです。

  • お椀型
  • 円錐型
  • 釣鐘型

のように、ボリュームがあって大きな胸の方は、胸が垂れてしまう原因になります。

  • 皿型
  • 三角型

の場合は、ボリュームがなくても離れ乳になってしまう原因になります。

3.運動不足

3.運動不足
胸の形が悪い、と思われる状態の代表格は垂れている状態です。特にボリュームのあるバストの方は、バストに重みがあるので垂れやすく、バストを支えているクーパー靭帯に負担がかかりやすくなります。クーパー靭帯とは、コラーゲンを主成分とした硬い結合組織で、胸全体を支える役割があります。そして、乳腺組織や脂肪組織を脇に流れていかないようにガードする役割もあります。

胸周りの筋力が低下すると、クーパー靭帯にも負担がかかり胸が垂れてしまいます。そのため、運動不足による筋力の低下は解消しなければなりません。

しかし…

  • ジョギング
  • ランニング
  • ウォーキング

といった長時間の運動や、激しい運動をすると、バストが上下に揺れてクーパー靭帯を傷つけてしまいます。一度、伸びてしまったクーパー靭帯は元に戻りません。特にボリュームのあるバストの方は注意が必要です。

クーパー靭帯を傷めないようにバストをしっかりと支えてくれる「スポーツ用ブラジャー」を使用しながら、胸周りの筋肉を鍛えるトレーニングを取り入れて運動不足を解消し、予防することが大切です。

4.栄養不足

4.栄養不足
バストの成長には栄養が必要です。寝ている間にバストは成長するということをお話ししましたが、成長ホルモンの働きを十分に発揮させるためには、体を作る材料となる栄養素をバストに届けてあげる必要があります。

逆に、バストの成長のために必要な女性ホルモンの分泌を促進するためにも栄養素が必要です。

  • 外食
  • ジャンクフード
  • インスタント食品

ばかりを食べていると栄養不足になり、必要な栄養を胸に届けられなくなります。毎日、朝昼晩と3食、バランスを考えて食事をしましょう。

バストに必要な脂肪やたんぱく質が、減少するとハリや筋力が低下してしまいます。バストがしぼんでしまうだけでなく、垂れ下がりやすくなります。詳しくは後の項目でお話ししますが、魚や野菜を中心にしてバランスのよい食事を取るようにしましょう。大豆などのたんぱく質や、ハリを保つためにビタミンCを多く含む野菜や果物、また、コラーゲンを豊富に含む食材を摂取するように心がけましょう。

5.妊娠・出産・授乳・加齢

5.妊娠・出産・授乳・加齢

  • 妊娠
  • 出産
  • 授乳

を経験した女性の方は、断乳をした後に胸がしぼんでしまい、妊娠前よりバストサイズが小さくなってしまった経験をお持ちではないでしょうか?

女性は、妊娠中にバストサイズがどんどん大きくなります。出産後、授乳のたびにおっぱいがふくらみ、授乳後はしぼみます。また、母乳を作ってふくらむといったサイクルを繰り返します。この繰り返しにより、胸周りの皮膚は伸び、ハリは衰え、たるみやすくなってしまいます。

加齢で、肌がたるんできますよね。バスト周りの皮膚も加齢と共にたるみます。老化と共に筋力も低下し、バストの垂れ下がりが起こってきます。また、閉経を迎えた女性は、女性ホルモンの分泌量が急激に下がるので、バストのしぼみが加速するのです。

妊娠から授乳期にはサイズの合ったブラジャーを着用し、マッサージでたるみを防止するようにしましょう。将来、たるみ始めてきても加齢だからと諦める必要はありません。適度な運動で筋肉を鍛え、マッサージで血行をよくすることで、美しいバストを維持することは可能です。

理想的なバストを作るための対処法

胸の形は、様々なことが原因となり変化します。

  • 生活習慣
  • 加齢
  • 授乳
  • 胸筋の衰え

理想的なゴールデントライアングルを目指せば、美しいバストの形を作ることができます。バストの形は原因別に解決策があります。遺伝や体質と諦めず理想のバストを目指しましょう。正しいケアをすることで、形を維持し、魅力的で美しいバストを手に入れることができます。適切な方法でマッサージや筋肉トレーニングを行えば、形の維持だけでなく、バストアップにもつながります。

ブラジャーのサイズを確認しナイトブラの着用をすることなどは、一番、簡単にできますし、バストの形が崩れてしまうのを防ぐ予防効果も期待できます。加齢だからと諦めることもありません。今すぐできることから始めてみて、徐々に食生活の改善や筋肉トレーニングを取り入れてみましょう。

ナイトブラの着用

ナイトブラの着用
バストの崩れを防止するために一番、簡単にできる方法の一つがナイトブラの着用です。ブラジャーをしないで横になると、胸の脂肪が脇や背中に流れてしまったり、寝返りをうつときに、バストが潰れてしまったりします。それを防止してくれるのがナイトブラです。寝ている間でも、バストの位置を固定してくれます。

また、寝ている間のバストの重みでクーパー靭帯が伸びるのを防止してくれます。胸の脂肪が脇や背中に流れてしまうと、バストの形が崩れるだけでなく、サイズも小さくなってしまいます。ナイトブラを選ぶときは、サイズ選びが重要です。昼間と就寝時では、バストにかかる重力の方向が変わってきます。

デコルテの部分が空くなどしている昼用のブラジャーを着用するのはよくありません。また、昼用のブラジャーをナイトブラとして使用すると、圧迫感や締め付けでよく眠れず、血行不良を起こしてしまいます。また、栄養素やホルモンも届かなくなってしまうことも考えられます。必ずナイトブラを選びましょう。

ナイトブラは柔らかな素材でできていますので、圧迫感もなく、バストの位置をキープしてくれます。自分のサイズに合ったナイトブラを着用してみてください。

筋トレでバストアップ

筋トレでバストアップ
胸は、主に乳腺と脂肪でできていて、それらに絡まるようにして支えているのがクーパー靭帯です。一度伸びてしまったクーパー靭帯は元に戻らないのですが、諦めることはありません。

胸の土台部分には大胸筋や小胸筋という筋肉があり、この筋肉を適切に鍛えることでバストアップが期待できます。大胸筋は日常生活で使われることのない筋肉なので、バストアップのために意識してトレーニングをしてみましょう。

ここでは、簡単にできる筋肉トレーニングを2つ紹介します。

合掌のトレーニング
  1. 姿勢を伸ばして、胸の前で手を合わせます。
  2. 手首が直角になり、腕が床と平行になるように、肘をあげます。
  3. 息を吐きながら、手のひらを押しあうように力を入れます。

ポイントは、力を入れすぎるのではなく、胸の筋肉に効いているなあと意識することです。

壁腕立て伏せ
  1. 腕を伸ばして、手のひらが壁に触れる位置に立ちます。
  2. かかとを付けたまま、壁に向かって腕立て伏せをします。
  3. 10回を1セットとして朝昼晩の3回行います。

大胸筋を鍛えるだけでなく、腕を引き締める効果もあります。合掌のポーズは、テレビを見ながら座ったままでもできます。

無理せず、根を詰めずに軽く続けることが大切です。

マッサージ

マッサージ
バストの中には、乳腺と脂肪の他に血管とリンパ腺が網の目のように張り巡らされています。マッサージをすることで血行がよくなり、バストに必要な栄養素や女性ホルモンが届きやすくなります。また、マッサージの刺激により胸にハリとツヤが戻ります。簡単にできそうなものから取り入れてみましょう。

バストアップに効果のあるマッサージを3つ紹介します。

バストアップと谷間を作るマッサージ
  1. 両脇に両手をあて、バストを包むようにします。
  2. 両手をバストの下から谷間に向けて円を描くように動かし、バストを持ち上げます。

入浴中や入浴後に行うのが効果的です。

乳腺を刺激するマッサージ
  1. 両手で片方のバストを下から包み込むように持ち上げます。
  2. 上下に小刻みにバストをゆすります。

力を入れると乳腺が傷つくので、やさしく行いましょう。

リンパを流す鎖骨マッサージ
  1. 鎖骨の中心からバストの上を通って脇の下まで、なでる。
  2. 力を入れずに、滑らすようになでるだけで大丈夫です。
  3. 鎖骨マッサージはバストの垂れを防止してくれます。

また、老廃物がリンパに流れ、換わりに栄養素がいきわたりやすくなります。
肌への負担を軽減するために、マッサージオイルを使用するのがおすすめですが、バストアップ効果を高めるバストアップクリームを使えば更に効果的が期待できます。

生活習慣

生活習慣
健康的で美しいバストを手に入れるためのバストアップには、食生活の見直しと睡眠の質を高めることが重要です。

食生活

バストのために必要な栄養素

  • イソフラボン
  • ビタミン
  • ミネラル
  • たんぱく質

これらの栄養を含む食品を食事に積極的に取り入れてみましょう。

イソフラボンは、バストアップには欠かせない食品として有名です。大豆製品に含まれるイソフラボンは、女性ホルモン様の働きをすることで知られています。

ビタミンCはコラーゲンの生成に必要な栄養素で、柑橘類やトマトなどの野菜に含まれています。

ミネラルは、筋肉の維持に欠かせません。ひじきやナッツ類の摂取に心がけましょう。

そして、たんぱく質は不足すると大変、女性ホルモンの分泌を促進してくれます。

  • 鶏肉
  • 牛乳

に含まれています。栄養バランスのよい食事をすることは、バストにハリを与えてくれます。

良質な睡眠

寝ている間にバストは成長しますので質の高い睡眠を取るようにしましょう。質のよい睡眠は、女性ホルモン、成長ホルモンの分泌を促進してくれます。
理想的なのは、午後10時から午前2時の間にぐっすりと眠ることです。この時間にぐっすりと眠ることで女性ホルモンのバランスがよくなり、成長ホルモンなどホルモン類がうまく調整されて全身の健康を支えてくれます。
質の高い睡眠のために、寝る前は食事をせず、電子機器の使用は控え、ゆったりとした時間を過ごしましょう。

番外編:整形あれこれ

番外編:整形あれこれ
いろいろ試してみたけれど、それでもバストのサイズや形をもっとよくしたいと思う方には以下の方法があります。

  • 整形
  • 形成
  • 豊胸手術

これらの方法にはメリットやデメリットがあります。それぞれ紹介していきます。

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸とは、もともと体の中にある成分ですが、年齢と共に減少していきます。細胞間のクッションの役割をしている成分で、水のように見えるものです。
このヒアルロン酸をバストに注入してバストアップをします。1カップだけサイズを大きくするためには100 cc 必要です。
体に害はなく安全な成分ですが、徐々に体に吸収されてしまうので数年で元のサイズに戻ってしまいます。

脂肪注入

自分の体の脂肪を吸引して、バストに注入する方法です。移植手術になりますので、手術後のバストケアが手術前と同じように必要です。
自分の脂肪を使うので拒絶反応があらわれにくく、比較的安全な方法です。

シリコンバック

シリコンの入った袋を胸の中に埋め込んでバストの大きさや形を整えます。外科的手術が必要になりますが、埋め込んだシリコンは脇に流れたりする可能性が低く、理想のバスト形成ができます。
ただ、異物を埋め込むので、まれに拒絶反応を起こしてバスト周辺にしこりができてしまうこともあります。

まとめ

1.理想的なバストは大きさだけでなく形。大きさと形のバランスが取れていることが重要。
2.胸の形は大きく分けて5種類あり、お椀型が理想。
3.胸の形が悪くなる原因はブラのサイズ間違いや就寝時の状態、運動不足、栄養不足、加齢等、様々
4.理想的なバストを作るには、ナイトブラの着用や筋肉トレーニング、マッサージ、生活習慣の見直しが大切
5.整形で豊胸し胸の形を整えることもできるが、メリット・デメリットを知っておく必要がある

理想的なバストを形成するためのゴールデントライアングルや、形が悪くなる原因、対処法をお話しさせて頂きました。ちょっと意識を変えるだけでできることから整形までご紹介しましたが、いかがでしたか?

今は胸が小さく形が悪いと思っている方も、理想のバストに近づけるよう簡単にできることから始めてみましょう。

日本初のオールハンド育乳マッサージ 理想のバストへ

この記事の執筆者

佐藤 由加里
佐藤 由加里
バストアップ専門エステサロン「p-Grandi」チーフエステティシャン。マッサージ、医療脱毛・医療痩身・フェイシャル、総合痩身エステの施術などを習得したバストアップ専門家。プロフィール