胸が垂れるのを防止するのにさらしって本当に良いの?
バストの悩みQ&A

胸が垂れるのを防止するのにさらしって本当に良いの?

さらしを使うことで胸が固定できるので垂れることの予防が期待できます

胸が垂れる原因の1つにクーパー靭帯が伸びる、切れることが挙げられます。

クーパー靭帯は胸が激しく揺れると負担をかけてしまうので、スポーツ時には注意が必要です。

そのためにはスポーツブラなど専用のブラジャーなどもありますが、さらしも、胸を固定しますので揺れないための対策として期待が持てるのです。

ただ、きつくしめなければならず、胸の形を崩す恐れや、血管の圧迫、などの注意点もあるのです。

さらしは胸を固定できるので垂れる予防に役立ちます

さらしは胸を固定できるので垂れる予防に役立ちます
クーパー靭帯を守るためにさらしが良いという話があります。

なぜ胸が垂れるのにさらしが良いのでしょうか?
それは、クーパー靭帯が関係しています。クーパー靭帯は胸の乳腺と大胸筋などの筋肉や脂肪とをつなぎ留める働きがある組織です。
他にも大胸筋や小胸筋などの筋肉も胸を支える土台部分としての働きがあります。その中でもクーパー靭帯は胸が垂れないためにも重要な組織と言っても良いでしょう。
ただし、クーパー靭帯は激しい運動などをすると伸びてしまうことがあります。少し伸びたぐらいなら元に戻ることもあるのですが、長期的に負担をかけていると徐々に戻らなくなる場合もあるのです。
また、伸びるだけではなく切れてしまうこともあります。クーパー靭帯が損傷してしまうと胸を支える重要な組織の力が消えてしまうので、胸が垂れることにつながるのです。
クーパー靭帯を守るためには胸に負担をかけないことが1番でしょう。その対策の1つとして胸を固定できるさらしが良いと考えられるのです。

さらしにはメリットと着ける上での注意点があります

さらしにはメリットと着ける上での注意点があります
さらしタイプのブラは、一般的に胸の大きい人が小さく見せるために使うものと言われています。巻いて止めるため、ストラップもなく、オフショルダーのトップスなどにも影響を与えることがありません。

他にも和服を着られる方が胴に入れる布の量を減らすためにさらしを巻くという場合もあるのです。さらしは胸が揺れない対策として良いと言えますが、いくつか注意点もあります。

胸を押さえつける形で着用するため、息苦しさを感じる方も少なくありません。他にも胸の脂肪は柔らかいため形が悪くする、血の巡りを滞らせるなどの恐れがあるのです。

そのため、長時間着用するとクーパー靭帯を始めとする胸の組織を痛めてしまう可能性があります。加えてバスト周りの血行が悪くなると、必要な栄養分が運ばれず、肌のハリが失われることも考えられるのです。

こうしたことを防ぐために、スポーツブラなど揺れを防止する下着と場面に合わせて使い分けても良いでしょう。

さらし以外にバストマッサージなど胸が垂れないように対策を行いましょう

さらし以外にバストマッサージなど胸を垂れる対策を行いましょう
さらしなどで胸が揺れることを防ぐことも良いですが、日常生活の中でバストアップを目指すことができます。

胸周りの筋肉を鍛える

クーパー靭帯への負担を軽減させるため「大胸筋」や「小胸筋」を鍛えることが大切です。例えば「合唱のポーズ」です。胸の前で両手を合わせて10秒ほど押し合い、大胸筋を刺激します。劇的な効果は望めませんが、継続して行えば、大胸筋を鍛えられるでしょう。

より効率的に鍛えたいのなら、スポーツジムで器具を使ったトレーニングをすることも良いです。普段の生活にも胸の形を悪くしてしまう要因が潜んでいます。

下着の着用

ノーブラで過ごすと、胸を揺れから守るものがなくなるため、普段からバストのサイズに合った下着を着用しておくことでも、予防になるのです。

バストマッサージ

血行やリンパの流れを良くして胸の形を保つためにバストマッサージなどをするのもおすすめです。ただ、バスト周りのマッサージは簡単ではなく、誤ったやり方をしてしまうと胸の組織にダメージを与える恐れがあります。

しかし、バストマッサージの専門サロンであれば、プロによる施術が受けられるためそういった心配はないでしょう。胸の形や左右のバランスを整えるための施術や背中や脇、二の腕に流れてしまった脂肪をバストへと戻す効果があると言います。

まとめ

1.さらしを使うことで胸が固定できるので垂れることの予防が期待できます

さらしを巻くことによって胸が激しく揺れないための対策が期待できます。

クーパー靭帯が伸びたり切れたりする予防ができるので、胸の垂れ予防には良いと言えるでしょう。

ただし、さらしは胸の形が崩れる可能性など注意点もあります。

2.さらしは胸を固定できるので垂れる予防に役立ちます

さらしは胸を固定できるのでクーパー靭帯への負担を軽くすることが期待できます。

クーパー靭帯は、胸を支えるコラーゲン繊維の束ですが、強固ではないため伸びたり切れたりすることがあるのです。

それを防ぐのにさらしが良いと言われています。

3.さらしにはメリットと着ける上での注意点があります

ダンスやランニングではどうしても激しく動かなければならないので、胸が揺れてしまうので、そのような場面でさらしは良いと言えるでしょう。

ただし、さらしはきつくしめることで胸の形が変わる、巻くのに手間がかかるなどの注意点があります。

4.さらし以外にバストマッサージなど胸を垂れる対策を行いましょう

いつもの生活中でも胸の下垂を防ぐための方法があります。

大胸筋といった胸を支える筋肉を鍛えることや、サイズの合ったブラを着けることなどが挙げられるでしょう。

バストマッサージで、バストアップや形を整えるのもおすすめです。

バスト専門サロン発のナイトブラでグンっと魅力UP

この記事の執筆者

佐藤 由加里
佐藤 由加里
バストアップ専門エステサロン「p-Grandi」チーフエステティシャン。マッサージ、医療脱毛・医療痩身・フェイシャル、総合痩身エステの施術などを習得したバストアップ専門家。プロフィール