産後に胸を大きくするためには何が必要?
バストアップのQ&A

産後の危機を乗り越える!しぼむ胸を大きくする体と心のケア

(2020.07.13 追記)
「産後、胸がしぼんでしまうのでは?」と不安を抱えている方も多いでしょう。

確かに、産後の胸はサイズダウンしやすいものです。これは母乳を出すために体が正常に機能している証拠で、そこまで心配する必要はありません。ただ、赤ちゃんのお世話で不眠などが続くと心身ともに疲労を感じ、必要以上に気になってしまうのかもしれません。

ここでは、胸だけではなく体全体や心にも注目して、大きくキレイな胸を維持するケア方法をご紹介します。

産後の不安!しぼむ&小さくなるバスト

産後の不安!しぼむ&小さくなるバスト
「産後、バストがしぼんでしまうのでは?」と出産前から気になっている方もいるでしょう。なかには、卒乳になりバストの変化にショックを受けている方もいるかもしれません。

確かに、妊娠、出産、授乳によりバストは下垂しやすくなります。また、最近では「高齢出産」が多く、加齢による体型崩れと重なる場合があるため、より一層バストに対して意識が高くなる傾向があるのです。

しかし、なぜバストはしぼんで小さくなるのでしょうか?

まずは、その原因を見ていきましょう。

原因1:乳腺の萎縮

原因1:乳腺の萎縮
産後、バストがしぼむ大きな原因は「乳腺の萎縮」です。

女性の体は、妊娠すると赤ちゃんを育てるための準備が急ピッチではじまります。だいたい妊娠2ヵ月目から、ホルモンの影響を受けてバストの血流量が増えます。

乳腺が発達しボリュームがアップして、出産直後になるとバストの大きさはピークを迎え、複数ある乳腺から母乳が出るようになります。赤ちゃんは、ママの乳輪をしっかりくわえると、母乳を飲めるようになります。

その後、赤ちゃんが成長し、授乳回数が減ると、徐々に乳腺が衰えはじめます。この影響からバストを支えているクーパー靭帯や皮膚が伸びて元に戻らず「バストがしぼんだ」「小さくなった」と感じてしまうのです。

バストの構造

バストは第2肋骨から第6肋骨の間くらいにあります。個人差があるものの、直径12~15センチといわれています。

  • 乳腺(母乳を分泌する腺組織、乳頭を中心にブドウの房のようにバストの中にある)
  • クーパー靭帯(乳腺を支え脂肪をまとめるコラーゲンの束、乳頭から放射状に広がる)
  • 大胸筋(バストの土台となる筋肉)
  • 脂肪組織(クッションのように乳腺を守る働きがある)
  • 血管(栄養、水分、酸素を送る)
  • リンパ管(乳腺から排出される老廃物を運ぶ)

原因2:体重の変化と出産のタイミング

原因2:体重の変化と出産のタイミング
「乳腺の萎縮」の他にも、バストがしぼむ原因があります。それは、「妊娠中の体重の変化と出産のタイミング」です。

妊娠中は「7~12キログラム」体重が増えます。このとき、赤ちゃんの重さだけではなく、バストや他の部分についた脂肪の重さも加わっています。

しかも、出産直後は運動ができないため脂肪を落としにくく、産前よりふっくらとした体型になりやすいのです。このようなくびれのない体型からバストを小さく感じてしまうのです。

また、出産しない場合でも、バストは加齢とともに下垂していきます。

もし連続して出産すれば、バストが大きくなったり縮んだりを繰り返すとともに、必然的に出産年齢が上がり、バストの変化をより大きく感じてしまうのです。

原因3:バストに悪い生活習慣

原因3:バストに悪い生活習慣
産後は、乳腺の萎縮や体重変化からバストがしぼみやすくなります。ただ、最近では妊娠中の体重管理が徹底されているため、バストや体型に深刻に悩む必要はありません。

それでも、バストについて悩んでいる方は、無意識にバストに悪い生活習慣を送っているのかもしれません。その他にも、産後特有の生活習慣がバストに悪影響を与えている可能性もあります。

ここからは、バストに悪い生活習慣の具体的な例を見ていきましょう。

スマホやパソコンの使い過ぎ

生活に欠かせないスマートフォンですが、長時間使用すると体に悪影響を及ぼします。

目が疲れて自律神経を刺激し、眠りを浅くします。また、肩こりや首のコリを招くこともあります。

さらに、姿勢を悪くして猫背になりバスト全体が縮こまります。なお、スマートフォンの電磁波が赤ちゃんに良くないという情報がありますが、はっきりしたことは解明されていません。

どちらにしても、スマートフォンやパソコンから離れる時間を作ることは大切です。

ついつい家でノーブラ生活

産後は、授乳が続くため、「ブラジャーをしない方が楽」「カップつきのキャミソールが便利」という方も多いでしょう。

しかし、ブラジャーをきちんとしないと、バストを支えるクーパー靭帯が伸びてしまい下垂の原因になります。もともとバストは、重力を感じ、ちょっとした揺れにも敏感なのです。

家で料理をするときも掃除をするときもバストは揺れてしまいます。この揺れをサポートするために、サイズを合わせたブラジャーを着けましょう。

冷たい飲み物や甘いお菓子を食べ過ぎる

冷たい飲み物や甘いお菓子を食べ過ぎる
ちょっとしたときに口にしたくなる「おやつ」ですが、闇雲に食べていると肥満の原因になります。「冷えた飲み物」をゴクゴク飲んだり「甘い食べ物」を食べ過ぎたりすると、体もバストも冷えてしまいます。

冷えは、血液の流れを悪くして、バストアップからも遠ざかる一方です。甘いケーキや味の濃いスナックといったおやつを食べるよりは、おにぎりやサンドイッチなどが健康的です。

その他、以下の食材もおやつに取り入れるのがおすすめです!

  • 爽やかな果物
  • 栄養価の高いナッツ類 など
運動不足から筋力の低下

運動不足から筋力が低下し、バストが垂れてしまうことがありますが、いくら元気な女性でも産後1ヵ月は激しい運動ができません。運動不足になって、体型が戻らなくても焦らないでください。

なお、産後の体が妊娠前の状態に戻るまでの期間を「産じょく期」と呼び、普通は6~8週間ぐらいかかります。産じょく期が終わっても、体調が悪いときや疲れているときは、無理をしないようにしてください。

運動開始は、産後の1ヵ月健診で医師の許可を得てからです。

過度なダイエット

産後は、妊娠前に戻ろうとする働きがあるため普段よりもダイエット効果が高いといわれています。それでも、過度なダイエットは禁物です。

体力が奪われ、バストも肌も爪もボロボロになってしまいます。なかには痩せるために野菜中心の食事にしたり、油を抜いたり、単品ダイエットをしたりする方がいますが、これもおすすめできません。

食品に含まれる栄養素はそれぞれ異なる働きがあり、まんべんなく食べることが非常に重要です。体重を戻したい気持ちがあっても、産後のダイエットは1ヵ月に1キログラム減量する程度にしましょう。

赤ちゃんのお世話で睡眠不足

家事、育児、仕事などから睡眠不足になる女性は多いでしょう。

睡眠不足になると女性ホルモンのバランスが悪くなり、バストを小さくしてしまう恐れがあります。産後は、家族に協力してもらい、赤ちゃんが寝ているときは体を休めるように心掛けましょう。

ただし、睡眠時間は体質や年齢によって異なり、個人差があります。何時間睡眠を取れたかにこだわらず、朝、スッキリ目覚めることができたかどうかを目安に睡眠時間を確保するようにしてください。

原因4:心の不調

原因4:心の不調<
産後は、可愛い赤ちゃんがいるという幸福感を得ることができますが、その一方で、「仕事ができない」「趣味を楽しめない」「お酒が飲めない」など、さまざまな制約が出てきてストレスを抱える女性も多いはずです。

そのうえ、ホルモンバランスの乱れも加わり、心に不調が起こるケースがあります。「バストがしぼんだ」「小さくなった」と必要以上に落ち込んでしまうのは、このような心の不調が原因かもしれません。

ここからは、産後に起こりやすい心の不調を見ていきましょう。

マタニティーブルーズ
マタニティーブルーズ(別名=マタニティーブルー)とは?
産後の急激なホルモンの変化によって起こる一時的な気分障害です。出産直後から1週間以内に発症するのが特徴です。

妊娠中は、女性ホルモンの「エストロゲン」が通常の50~100倍も分泌されていますが、産後はエストロゲンの分泌量が一気に減ります。そして、母乳を出すために「プロラクチン」というホルモンの分泌量が増加します。
このジェットコースターのようなホルモンの変化で、マタニティーブルーズが起こるのです。

主な症状
  • 涙もろくなる
  • 不安になる
  • イライラする
  • 疲れやすい など
産後うつ病
産後うつ病とは?
急激なホルモンの変化から気持ちが落ち込み、食欲不振や不眠など体に影響を与える病気です。産後1~2週間から数ヶ月以内に発症し、マタニティーブルーズをきっかけに起こるケースもあります。
具体的な症状
  • 赤ちゃんのことが心配で仕方ない
  • 何事にも無関心になる
  • 自分が悪いと感じる など

産後うつ病は、産後の女性の約10パーセントが発症するといわれ、珍しい病気ではありません。産後1ヵ月以上過ぎても、気持ちがふさぎ込むような状態なら、早めに病院へ相談しましょう。

産じょく精神病
産じょく精神病とは?
1,000人に1~2人が発症するといわれ、比較的珍しい病気です。産後2週間以内に発症し、幻覚や妄想などが起こる病気です。本人に自覚症状がない場合でも、精神病は自殺などのリスクがあり、精神科での治療が必要になります。
主な症状
  • よくわからない話をする
  • 被害妄想
  • 動き回る
  • 躁状態になる
  • イライラしている など

上記の症状が見られるときは家族やまわりが気つき、適切に対応しなければいけません。

パニック障害
パニック障害とは?
「息苦しさ」「発汗」「動機」「めまい」などの発作を繰り返す病気です。一度パニック発作が起こると、また発作が起こるのではないかという不安に陥り、日常生活に支障が出てきます。原因は、はっきりと解明されていません。また、男性より女性の方が発症しやすい傾向があります。

パニック発作の症状がある方、苦手な場所がある方などは、専門の医療機関へ相談しましょう。薬を服用したり、徐々に苦手な場所に慣れていく心理療法を行ったりと、さまざまな治療があります。

強迫性障害
強迫性障害とは?
バカバカしい行動だとわかっているのに、不安で何度も同じ行動を繰り返してしまう病気です。たとえば、「何度も手を洗う」「順番に並べないと気が済まない」「家の鍵や元栓を何度も確認する」などの行動があります。
原因は、はっきりと解明されていませんが、性格、生育歴、ストレスなどが関係しているといわれています。

治療には、薬の服用や繰り返す行動を徐々にやめていく認知行動療法などがあります。実際、自分の行動が行き過ぎていても、なかなか気付くのは難しいものです。少しでも気になることがあれば、専門の医療機関へ相談してみましょう。

摂食障害
摂食障害とは?
食事の行動に対して異常があり、心や体に問題があらわれる病気です。具体的には、食事を極度に食べない「拒食」、逆に大量の食事を食べる「過食」などがあります。過度なダイエットをきっかけに発症することが多く、体重が落ちても拒食をやめられない悪循環に陥る場合もあります。

治療には、薬の服用や栄養指導、カウンセリングなどの心理療法を行います。大量に食べた後に吐いてしまう、体重増加が許せず下剤を服用してしまうなどの行動は摂食障害の疑いがあります。心配な方は、専門の医療機関へ相談しましょう。

産後の危機に負けない!豊かなバストづくり

産後の危機に負けない!豊かなバストづくり
バストの大きさが気になる原因が心の不調ではない場合でも、産後は何かとトラブルが続きます。バストが張ったり、赤ちゃんが飲み残した母乳が乳腺にたまって乳腺炎になったり、バストについての悩みは尽きません。

また、お腹まわりやお尻についた脂肪はなかなか落とせず、体型について悩む方もいるでしょう。では、どうしたらこのような産後危機を乗り越え、キレイなバストを取り戻せるのでしょうか?

ここからは、キレイなバストを作るためのケア方法をご紹介します。

そもそも美乳って何?

そもそも美乳とは何なのでしょうか?

もちろん、大きさや形も大切ですが、美乳の条件はそれだけではありません。たとえば、豊かなバストがあっても、二の腕やお腹まわりにたっぷり脂肪がつくなど、太っていたらどうでしょうか?

逆に、デコルテやあばら骨が見えてしまうほど、ガリガリに痩せていたらどうでしょうか?

どちらも美乳には感じないはずです。つまり、美乳を作るためには、体全体のバランスも重要なのです。

血流をアップで乳腺の萎縮をストップ

産後は、家に居る時間が多く活動量が減るため、血流が滞りがちです。さらに、育児で感じる疲れやストレスが交感神経を優位にさせ、血管が収縮して血流が悪くなります。

これでは、乳腺もますます萎縮して、バストダウンが加速してしまいます。乳腺の萎縮を和らげるためにも、赤ちゃんと一緒にできる「~ながら運動」で血流をスムーズにしましょう。

まずは、赤ちゃんの脇を高い高いをするように抱え上げて、二の腕を鍛えます。次に、オムツ替えをしながら開脚して、肩甲骨を引き寄せます。

ちょっとした運動がバストアップに役立ちます。

なお、授乳中の方は血流をスムーズにすると乳腺炎を予防する効果が期待できます。また、運動をするときは意識して水分を取るようにしてください。

母乳は血液から作られているため、水分をこまめに取ってサラサラ血液にしておく方が良いでしょう。

腹式呼吸でバストへ新鮮な酸素を

腹式呼吸でバストへ新鮮な酸素を
無意識にしている呼吸ですが、実は呼吸には主に2つのタイプがあります。

1.胸式呼吸

これは、胸を使って行う浅く速い呼吸です。
胸式呼吸は、たくさん息を吸うために肩や首を緊張させ、ストレスに関係する脳内物質(ノルアドレナリンやドーパミンなど)の分泌を増やします。

2.腹式呼吸

これは、お腹を膨らませて行う深くてゆっくりとした呼吸です。
腹式呼吸は、神経を安定させ穏やかな気持ちにさせる脳内物質(セロトニンなど)の分泌を促し、若さをキープするのにも役立ちます。

多くの女性は胸式呼吸をしており、腹式呼吸が不足しています。バストへしっかり酸素を送るためにも、1日数回、腹式呼吸を実践してみましょう。

腹式呼吸の方法
  • お腹に手を乗せる
  • 腹筋に力を入れながら5秒程度、口から息を吐く
  • 3秒程度、鼻から息をゆっくり吸う
  • 約3分、繰り返す
正しい姿勢で猫背をリセット

正しい姿勢で猫背をリセット
妊娠中は大きなお腹を支えるために、骨盤が前に出て後ろに傾いた姿勢になりますが、産後はこの姿勢がなかなか戻らず、今度は首や肩甲骨が前に出て猫背になります。猫背になるとバストが下を向いて、結局、小さく見えてしまうのです。

また、授乳中は赤ちゃんを抱っこしている姿勢が長時間続きます。すると、母乳が乳腺に残り菌が増殖して、乳腺炎になるケースもあります。つまり、姿勢が悪いだけでバストの見た目だけではなく機能にまで影響を及ぼすのです。

さっそく、自分の姿勢をチェックしてください!
鏡で立ち姿を見たり、スマートフォンのカメラ機能で撮影したりすると良いでしょう。姿勢の悪い方が多いはずです。

次に、正しい姿勢を覚えるために「かかと」「お尻」「背中」「頭」を壁につけて立ちましょう。そのとき、腹式呼吸してリラックスすると効果的です。

姿勢は、意識するだけで美しくなるものです。姿勢を気にする回数を増やして、バストアップにつなげましょう。

妊娠中からのブラジャー選びがカギ

妊娠中からのブラジャー選びのカギ
ブラジャーにはバストを包み込む皮膚とバストを支えている「クーパー靭帯」の負担を減らす効果があり、妊娠中から使用することで、バストの垂れが予防できます。

ただし、ずっと同じブラジャーを使用するのはNGです。これは「妊娠」「出産」「産後」とバストサイズの変化が大きいからです。ブラジャーを選ぶときは、サイズをよく確認し、できれば試着してから購入してください。

なお、妊娠中はバストが敏感になっているため、肌触りが良く、締め付けの少ないマタニティー用ブラジャーがおすすめです。産後は、様子を見ながらワイヤー入りの授乳ブラジャーに切り替え、バストをしっかり支えてあげると良いでしょう。その後、完全に卒乳したら、普段のブラジャーにします。

最近では「夜用のナイトブラジャー」「姿勢を矯正するブラジャー」など、さまざまなブラジャーが登場しており、その機能も充実しています。楽しみながら、自分に合うブラジャーを選びましょう。

オイルケアでバストの弾力アップ

オイルケアでバストの弾力アップ
産後は、環境やホルモンの変化から肌質が変わることがあります。また、バスト周辺は精神的な影響を受けやすい場所で、不安や緊張から筋肉が縮みやすくなります。

まずは、バストやデコルテのコンディションを確認してください。たるみや乾燥が気になるときは、保湿力がある植物オイルを使用してオイルケアしましょう。

オイルケアの方法

好みのオイルを両手にとって温め、指の腹でやさしくバストに塗ります。
なお、オイルを使用するときは、アレルギーがないかどうか確認するために、パッチテストを必ず行いましょう。また、オイルを使用すると非常に滑りやすくなるため、注意してください。

おすすめの植物オイルとその特徴
スィート・アーモンドオイル

ビタミンなどの栄養素を豊富に含む、保湿力が高い、アーモンドの香りがする

ホホバオイル

なめらかで使いやすい、どんな肌質にも合う、紫外線から肌を守る効果もある

セサミオイル

アーユルヴェーダで使用するオイル、冷え症や肩こりを緩和する、ゴマの香りがする

美乳に欠かせないバランスの良い食事

美乳に欠かせないバランスの良い食事
まずは、1日3食、できるだけ朝食も食べるようにしてください。

朝は体温が上がる時間帯です。朝食を食べるだけで体温が上がり、温かい血液が全身を巡ります。これなら冷え症の方でも、血流がアップしてバストにも栄養が届きやすくなります。

次に、赤、オレンジ、黄、紫、緑、黒、白の7色を意識した食材選びです。

具体的な食材
  • トマト
  • かぼちゃ
  • にんじん
  • レモン
  • なす
  • 黒豆
  • ほうれん草
  • ゴボウ
  • 大根 など

これらの食材には、美容に嬉しい抗酸化成分が含まれており、老化、シワ、たるみなど、いわゆる体のサビを防ぐ効果があります。

さらに、タンパク質も欠かせません。
体は水分が約60パーセント、タンパク質が約20パーセント、脂肪が約20~30パーセント、その他の成分約5パーセントからできており、このうちバストなど体の材料になるのはタンパク質です。

毎日、7色の食材とタンパク質を摂って、健康的に美乳を手に入れましょう。

具体的な食材
  • 豆腐
  • 牛乳
  • ヨーグルト など

心のコリをほぐして、バストにアプローチ

産後は自由な時間がなくなるため「イライラ」したり「モヤモヤ」したり心が不安定になります。そのような心の不安は、交感神経を刺激して血流を悪くし、体をガチガチに緊張させてしまいます。

これは美乳と健康を損ねる大きな原因です。こんなとき大切にしたいのが「心の癒し」です。そこで、ここからは「アロマテラピー」や「ハーブティー」で心のコリをほぐす方法をご紹介します。

心が癒されれば、出産を終えた自分を誇らしく思い、完全に戻らないバストも愛おしく思えるはずです。

アロマテラピー

アロマテラピー
「好きな香りでリラックスできた」「森林の香りでスッキリした」など香りについての経験はありませんか?
これが、まさにアロマテラピーです。

アロマテラピーとは?
植物から抽出した精油を使って健康や美容に役立てようとする自然療法です。人が香りを嗅ぐと、香りの成分が鼻から脳へとダイレクトに伝わります。そして、自律神経やホルモン、免疫などをコントロールする視床下部(脳の奥にある)を刺激して、心身がリラックスできるのです。

好きな精油を購入し、ティシュやハンカチに1~2滴落としてみてください。枕元に置いたり、カバンに入れて持ち歩いたり、手軽に香りを楽しめます。

なお、アロマテラピーを安全に楽しむために、精油の専門知識のある方に相談し、精油の説明書までしっかり読むようにしてください。

おすすめの精油とその特徴
真正ラベンダー

甘く穏やかな香り、比較的安全で使いやすい、緊張を和らげる

オレンジ・スィート

甘くフレッシュな香り、比較的低価格で使いやすい、気分を明るくする

ゼラニウム

ローズに似た優雅な香り、うつ症状を和らげる

ハーブティー

ハーブティー
授乳中、コーヒーを飲み過ぎると、カフェインが母乳を通して赤ちゃんに伝わり、赤ちゃんの寝つきが悪くなることがあります。そこで、産後はカフェインレスのコーヒーやハーブティーを楽しむと良いでしょう。

とくに、ハーブティーは色や香りで心が癒されるセラピー効果があるといわれています。また、ハーブティーは「ビタミン」や「ミネラル」などさまざまな有効成分が含まれており、飲み続けることで体の不調にも対処しやすくなります。

おすすめのハーブティーとその特徴
ダンディライオン

香ばしく少々甘みがある、母乳の出を良くする、西洋タンポポともいう

ローズヒップ

爽やかで酸味がある、コラーゲン生成の原料になるビタミンCが豊富

ルイボス

紅茶のような味わい、抗酸化作用が強く細胞のダメージを防ぐ

ローズ

華やかな香りで少々苦味がある、明るい気持ちになる

ハーブティーの入れ方
  1. 大さじ1杯程度のハーブをティーポットへ入れる
  2. 沸騰後、90度程度のお湯を150~180ミリリットル注ぐ
  3. ティーポットのふたをして、3分程度待つ
  4. ティーカップに注ぐ

まとめ

1.産後は、乳腺の萎縮、体重の変化、加齢などが原因で「バストがしぼんだ」「小さくなった」と感じやすい
2.心の不調が原因でバストについて神経質になることがある
3.1日3食、7色を取り入れた食材選びとタンパク質の摂取で、バストに必要な栄養を届ける
4.できることが制限されていても、腹式呼吸や正しい姿勢は意識する回数を増やすだけで美乳に役立つ
5.アロマテラピーやハーブティーには心を癒す効果があり、自分の体型や心の変化を認められるようになる

産後は、「バストがしぼんだ」「小さくなった」と悲しい気持ちになるかもしれません。しかし、それは、「妊娠」「出産」「授乳」の役目を果たした立派なバストです。

完全に元に戻らなくても、オイルケアやブラジャーを上手に使って、バストを労ってあげましょう。また、赤ちゃんとの生活は大変忙しく、ひとりで頑張りすぎると、小さい不安が大きい不安に変わります。

ときには人に相談して、楽しく産後を過ごしましょう。

日本初のオールハンド育乳マッサージ 理想のバストへ

この記事の執筆者

佐藤 由加里
佐藤 由加里
バストアップ専門エステサロン「p-Grandi」チーフエステティシャン。マッサージ、医療脱毛・医療痩身・フェイシャル、総合痩身エステの施術などを習得したバストアップ専門家。プロフィール