卒乳後に大きく変化した胸の形を元に戻すことは可能?
バストの悩みQ&A

卒乳後に大きく変化した胸の形を元に戻すことは可能?

卒乳後に大きく変化した胸の形を整えることは可能と言われています

バストケアによって、卒乳後に変貌した胸の形を元のハリ感のある胸に戻る可能性はあります。卒乳後の胸は、急激なサイズの変化や育児中の姿勢などで大きなダメージを受けていることが考えられるでしょう。

つまり卒乳後は適切なバストケアを施して、豊かな胸を育む必要があるのです。ここでいうバストケアとは、マッサージ・大胸筋を鍛えるエクササイズ・適切なブラジャーを選ぶこと・肌の保湿・姿勢を正すことなどを指します。

卒乳後に起こりえる胸の変化について知ることが大切です

卒乳後に起こりえる胸の変化について知ることが大切です
卒乳後の自分の胸に愕然としなくて済むように、あらかじめ起こりえる変化について知っておきましょう。妊娠すると、女性ホルモンの影響で乳房内の乳腺が発達し、乳腺の周りに脂肪が蓄えられることで胸のサイズは大きく変化します。

個人差はあるものの、妊娠初期から出産直後までの間、胸の大きさは通常の2~3カップ以上もボリュームアップすると言われているのです。この際に胸を支えるクーパー靭帯や胸の皮膚といった組織には大きな負担がかかります。

また出産後の育児においても胸の組織に負担がかかることが考えられます。育児中は何かと前かがみの姿勢をとることが多く、この姿勢は胸を支える筋肉を衰退させるだけでなく、胸の成長を妨げるおそれがあるのです。

その上この妊娠初期から卒乳後にかけて胸のサイズが大きく変化する期間中、適切なブラジャーを身に着けてないことで、胸の組織へのダメージはさらに酷くなる可能性があると言われています。このように妊娠してから卒乳するまでの間、さまざまな要因により胸の形は移り変わっていくです。

バストマッサージで変化した胸の形を元の胸へと戻しましょう

バストマッサージで変化した胸の形を元の胸へと戻しましょう
卒乳後に胸の形が垂れ下がるのはクーパー靭帯の伸長や断裂が大きな原因だと言われています。これに加えて育児中の前かがみの姿勢も影響を及ぼしている可能性があります。

なぜなら前かがみの姿勢により骨盤に歪みが生じたり、血流やリンパの流れが滞ったりすることで、胸の成長が阻害されるおそれがあるからです。骨盤の歪みがホルモンバランスを乱し、循環機能の低下がバストの成長に必要な栄養素や女性ホルモンの運搬を滞らせるというわけです。

そこでこれらの歪みを解消したり、血流やリンパの流れを促したりするためにマッサージはよい方法だと言われています。バスト周辺のリンパをマッサージすることで、滞った血流やリンパの流れを促し、バストにしっかり栄養を行き届かせる効果が期待できるでしょう。

またしぼんだ胸を豊かにするのには、背中や二の腕に流れた皮下脂肪を胸へと方法もあります。このようにさまざまなマッサージ方法で、卒乳後に垂れてしぼんだ胸をハリ感のある豊かな胸へと導ける可能性があるのです。

ただこれらのマッサージには専門的な知識や技術が必要だと言われています。マッサージが胸にとって逆効果にならないように、プロの施術を受けるなど適切な方法でマッサージを試みましょう。

ハリ感のある豊かな胸を育む習慣をつけましょう

ハリ感のある豊かな胸を育む習慣をつけましょう
大きなダメージを受けた卒乳後の胸には、生活習慣を根本から見直すことでバストアップしやすい環境を作ってあげることが大切です。胸を支えるという大きな役割を持つクーパー靭帯はいったん伸びたり、断裂したりすると、元には戻らないという性質があります。

つまりハリ感のある胸をキープするためには、急激なバストサイズの変化や日常生活で起こりえる刺激によってクーパー靭帯がダメージを受けないようにすることが大切なのです。ここで必要になるのが適切なブラジャーを身に着ける習慣です。

ブラジャーと言っても、普段使い用・スポーツ用・就寝時用・マタニティ用などさまざまな種類があります。またバストサイズや胸の形は、月経の周期や妊娠、加齢などさまざまな理由で変化しやすい性質があります。

そのため本当の意味でクーパー靭帯を守るには、TPOに即したブラジャーで、なおかつ体に適したものを身に着ける必要があるのです。このほかにも、正しい姿勢やバランスの取れた食事、バストアップ効果のあるエクササイズなど、豊かな胸を育むことに効果的な習慣はさまざまなものが存在します。

本来、卒乳後大きく変化した胸を元に戻すのはなかなか難しいと言われています。しかしこのような生活習慣の積み重ねこそがハリ感のある豊かな胸に戻すのには大切なのです。

まとめ

1.卒乳後に大きく変化した胸の形を整えることは可能と言われています

卒乳後の胸は、バストサイズの変化や育児中の前かがみの姿勢などによりダメージを受けているおそれがあります。そのためバストマッサージや大胸筋を鍛えるエクササイズ、適切なブラジャーを身に着ける習慣などのバストケアが必要になります。

2.卒乳後に起こりえる胸の変化について知ることが大切です

卒乳後に、胸の形が変貌するのにはさまざまな理由が考えられます。なぜなら妊娠にともなうバストサイズの急激な変化や育児中の前かがみの姿勢などが、胸の組織だけでなく体全体に悪い影響を及ぼし、それらが相互に作用しあうことが考えられるからです。

3.バストマッサージで変化した胸の形を元の胸へと戻しましょう

卒乳後に変形した胸をハリ感のある豊かな胸に促すのにマッサージが効果的だと考えられます。マッサージにはさまざまな方法があり、適切な方法でなければ逆効果になるおそれがあるため、プロによる施術など適切な方法でマッサージを施すことが大切です。

4.ハリ感のある豊かな胸を育む習慣をつけましょう

本来、卒乳後のような大きく変化した胸の形をハリ感のある豊かな胸に戻すことは難しいと言われています。そのため適切なブラジャーを身につける、正しい姿勢を保つなど生活習慣を根本から見直すことで、理想的な胸を育める環境作りを行うことが大切です。

バスト専門サロン発のナイトブラでグンっと魅力UP

この記事の執筆者

佐藤 由加里
佐藤 由加里
バストアップ専門エステサロン「p-Grandi」チーフエステティシャン。マッサージ、医療脱毛・医療痩身・フェイシャル、総合痩身エステの施術などを習得したバストアップ専門家。プロフィール